大倉忠義、志尊淳にラブコール「周りの女子がざわめきそう」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『疾風ロンド』公開初日舞台あいさつに登壇した吉田照幸監督、濱田龍臣、大島優子、阿部寛、ムロツヨシ、志尊淳 (C)ORICON NewS inc.

 関ジャニ∞の大倉忠義(31)が26日、都内で行われた阿部寛(52)主演の映画『疾風ロンド』公開初日舞台あいさつに登壇した。同作を一緒に観たい共演者を聞かれた大倉は、志尊淳(21)にラブコールし「なんか並んでいたら周りの女子がざわめきそうじゃないですか」と理由を明かすとムロツヨシ(40)から「お前ら2人が並んだらざわつくよ! 映画観ずに2人を見るよ!」と突っ込まれていた。

【写真】大島優子、ムロツヨシらも登壇

 一方で大島優子(28)は「阿部さんと観に行きたい。阿部さんが自分のお芝居を観てどんな反応をするのかが気になるかな」と話すと阿部は「結構僕は反応しますよ。恥ずかしがったりしちゃう」と意外な一面を告白。

 濱田龍臣(16)や阿部から「『これはどうなんですか』とか全部解説してもらいながら一緒に観たい」と指名された吉田照幸監督(47)は「ムロさんと一緒に観てダメ出しをしたい」とニヤリ。ムロは「ダメ出しが恐いので一番、一緒に観たくないのは監督」と戦々恐々とした。

 そんなムロは「いつも映画観に行く時は優子と一緒だから…」となぜか大島を呼び捨てするも、当の本人は「行ったことないから」と呆れ顔。その後も「でもやっぱり大倉くん。撮影でも終わって飲みに行ったりしてたので映画とか行ったら終わったらそのまま飲み屋ですよね」とノリノリのムロだったが大倉から「飲みたいだけですよね…?」と疑いの眼差しを向けられていた。

 同作は人気作家・東野圭吾氏の原作小説をもとに、医科学研究所の主任研究員・栗林(阿部)が様々な人を巻き込みながら雪山に隠された違法生物兵器の捜索に奔走する姿をサスペンスとコメディーを交えて描く。