松岡茉優、憧れの先輩・宮崎あおいと13年越し初対面「涙が出そうに…」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
宮崎あおい(左)との初対面に感激した松岡茉優 (C)ORICON NewS inc.

 女優の松岡茉優(21)が『第40回山路ふみ子映画賞』の新人女優賞を受賞し25日、都内で行われた贈呈式に出席。映画『猫なんかよんでもこない。』、『ちはやふる -下の句-』などの好演が受賞の決め手となり、記念品や花束を受け取った松岡は「本当にうれしいです」と笑顔で喜んだ。

【全身ショット】真っ白なワンピで登壇した松岡茉優

 この日の贈呈式では、事務所の先輩女優でもある宮崎あおい(30)が女優賞を受賞。多くの映画・ドラマに出演している松岡だが意外にも宮崎とは初対面。「8歳の頃に子役で事務所に入って、その頃から(宮崎は)事務所を引っ張っている存在。それから13年、一度もお会いしたことのないまま初めて宮崎さんに会えました」と感無量の様子で語った。

 「ある作品で共演しているけど会えず、事務所に行っても会えず、きょう控室でお会いした時は、もちろんこの賞もうれしかったのですが、別の意味で涙が出そうになりました」と照れながら明かした松岡は「ずっと前にいてくれる先輩の背中を生で見れました。私がきょうがスタートラインだと思っております。いつか女優賞をいただけるように宮崎さんみたいな女優さんになれるように頑張ります」と飛躍を誓った。

 松岡の話をほほ笑みながら見守っていた宮崎は、映画『怒り』の演技が決め手となり女優賞を受賞。着物姿で登壇し「私にとって『怒り』は特別な作品。撮影が終わっても不思議な気持ちになって“怒りロス”になりました。作品に携わったすべての皆さんに大きな声でありがとうを言いたい」と感慨深げに話した。

 同賞は元女優の山路ふみ子さんが日本映画復興のために1976年に設立。そのほか、映画賞を李相日監督(『怒り』)、功労賞を芦澤明子カメラマン(『クリーピー 偽りの隣人』『モヒカン故郷に帰る』)、文化賞を新海誠監督(『君の名は。』)、福祉賞を佐々木聰監督(『ふたりの桃源郷』)、文化財団特別賞を高橋惠子(『うさぎ追いし-山極勝三郎物語-』)が受賞した。