『絶狼〈ZERO〉-DRAGON BLOOD-』テレ東ほかで1・6スタート

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビシリーズ『絶狼〈ZERO〉-DRAGON BLOOD-』テレビ東京ほかで1月6日より放送開始(C)2016「絶狼」雨宮慶太/東北新社

 雨宮慶太氏が生み出した「牙狼<GARO>」シリーズ最新作『絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-』が来年1月6日よりテレビ東京ほかで放送開始される。シリーズの劇場版第4作目として2014年に公開された『絶狼<ZERO>-BLACK BLOOD-』の続編。銀牙騎士・絶狼である涼邑零(藤田玲)が魔戒騎士として、また一人の男として、いまだかつてない過酷な戦いに立ち向かう姿を描く。前作からさらにスケールアップした世界観と物語、ストイックかつスタイリッシュなアクションに注目だ。

エンディングテーマを担当するDUSTZ

 零役で主演する藤田は、ロックバンド・DUSTZのボーカルとしても活動しており、前作同様に新作のエンディングテーマもDUSTZが担当することが決定。ドラマのために書き下ろした「Zoe~Beautiful World~」(Zoeのeには綴り記号のトレマが付く)の作詞を手掛けたRay(藤田)は「『Zoe』はギリシャ語で"生命"や"人生"という意味。今回の絶狼の大きなテーマなのかな、という思いで書きました。苦しみや虚無感、命の意味など、誰もが直面した事があるであろう悩みを解決はできなくてもあなたは1人ではない、誰かが側にいる。この世界はいろんな問題を抱えていてもいまのままで十分美しいんだ。という想いを込めて作詞しました。みなさんの心に届きますように」とコメントしている。

 ドラマの原作・総監督は雨宮氏。世界観の構築、物語の創造、そして新キャラクターはもちろん、数多くのデザインを手掛けた。脚本は、牙狼シリーズの脚本を多数務め、ホラー小説の執筆などでも活躍する脚本家・梅田寿美子氏が担当する。

 ファーストシーズン以来となる一般人のヒロイン、尋海(ひろみ)アリス役には、オーディションで選ばれた現役高校生モデルの青島心。また、牙狼シリーズの人気キャラクター、魔戒法師・烈花(松山メアリ)がシリーズの枠を越えて登場する。

 物語の鍵を握るキャラクターの一人である魔戒法師・カゴメ役には、『仮面ライダー555』でも話題になった芳賀優里亜を起用。そして、零の最大の宿敵となる竜騎士・エデル役として弓削智久が参戦する。前作に引き続きバクラ役のガダルカナル・タカが脇を固め、バクラの傍に寄り添うクレヒ役の紅蘭が華を添える。零のパートナーである魔導具シルヴァの声は折笠愛。オープニングテーマはJAM Projectによる「DRAGONFLAME」。

■2017年以降の牙狼シリーズのコンテンツラインナップ

▼テレビシリーズ『絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-』
 テレビ東京ほかで1月6日スタート、毎週金曜 深1:23

▼テレビアニメ新シリーズ製作決定
 2014年10月より放送された『牙狼<GARO>-炎の刻印-』、15年10月より放送された『牙狼<GARO>-紅蓮ノ月-』に続く、テレビアニメ新シリーズ。

▼冴島雷牙シリーズ 劇場版『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』製作進行中
 2014年4月より放送された『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」の冴島雷牙シリーズの劇場版が製作進行中。主演は中山麻聖。

▼道外流牙シリーズ 劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』製作決定
 2013年4月より放送された『牙狼<GARO>-闇を照らす者-』、15年3月に劇場版が、そして4月からテレビシリーズとして放送された『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』に続く、道外流牙シリーズ劇場版第2弾。原作・監督は雨宮慶太氏、アクション監督は横山誠氏。