藤原竜也が挑む妖艶な殺人犯 イメージを覆すビジュアルにこだわり

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
美しき殺人犯を演じる藤原竜也 (C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

 俳優の藤原竜也、伊藤英明がW主演する映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(2017年6月10日公開)の撮影現場がこのほど公開された。1995年、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22年後、"殺人手記"出版記者会見を行うという衝撃の事態を描く作品。プロデューサーの北島直明氏が現場で取材に応じ、初共演となる2人について語った。

【写真】映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』撮影の模様

 監督は、『SR サイタマノラッパー』シリーズで一躍注目を集めた入江悠氏。自らの殺人を赤裸々につづった『私が殺人犯です』を出版し、あらゆるメディア、SNSによりその容姿とともに拡散され、一躍時の人となっていく曾根崎雅人を藤原、22年間事件を追い続けてきた刑事・牧村航を伊藤が演じる。

 曾根崎のキャスティングで真っ先に浮かんだのが藤原だったといい、"クズぶり"が話題になった映画『藁の楯 わらのたて』の演技を見て泣いたという北島氏は「感情を0から100まで持っていく速度が速いし、冷たい目も優しい目もできる」と信頼を寄せる。

 『デスノート』シリーズの夜神月/キラ、『藁の楯 わらのたて』などこれまでも強烈なキャラクターに挑んできた藤原だが、今作で演じるのは美しき殺人犯役。ビジュアルにもこだわり、北島氏は「『今までの藤原竜也を変えたい』と本人が言ってくれた。髪型の提案をしたり、殺人犯としての気持ち悪さがあるけれど魅力ある男性にしたいっていうのを軸に、今までに観たことがない髪型を作った」と明かしている。

 撮影を終えた藤原は、曾根崎のビジュアルについて「注目を集めなければいけないし、強烈なインパクトも必要とされていました。なので初期の段階から、監督も含めて衣装・メイクチームみんなが協力してくれて作っていったキャラクターだと思います」と語っている。

 曾根崎を追い続ける牧村は、たくましさや執念深さを体現できる俳優として、『WOOD JOB!』で無骨で男らしい魅力を発揮した伊藤が演じる。

 22年前と現在を演じるにあたり、体を絞り、髪型を角刈りにするなど役作りに励んだ伊藤は「この作品に限らずいつもそうなんですが、手応えは感じないんですよね。本当に良かったのか不安に思うこともあります」と心境を吐露。「ただ、どの作品でもこのシーンのこのカットをもう一回観たいなと思う箇所があると思うんですよ。だから、そういうシーンやカットがこの映画にもあったらいいなと思うし、自分自身もそれを楽しみにしています」と話した。

 撮影が公開されたのは、曾根崎の殺人手記のサイン会に牧村が駆けつけるシーン。大規模なアクションが控え、緊張感あふれる空気のなか、主演2人の存在感の大きさを改めて実感し、劇中での演技対決を期待させた。