たかみな、紅白選抜こじはるに一票 有終の美願うも「ただ指原は強い…」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
紅白選抜はこじはるに一票を入れると明かした高橋みなみ (C)ORICON NewS inc.

 歌手の高橋みなみ(25)が28日、都内で日めくりカレンダー『[たかみな日めくり]努力は必ず報われる』(PHP研究所)の発売記念イベントを行った。大みそか恒例『第67回NHK紅白歌合戦』で出場を決めたAKB48が、本番のステージに立つ48人を視聴者投票で決める企画を実施。高橋は「総選挙好きだな~って思いながら晴れの舞台に立てる48人が誰になるのか、いちファンとして見守りたい」と笑顔で話した。

【全身ショット】黒のワンピースで登場したたかみな

 「どうせ指原(莉乃)でしょみたいなところもあるけど、卒業で最後になる小嶋(陽菜)さんやぱるる(島崎遥香)もいる。どういう風に紅白のステージでお披露目になるのか気になるところ」と激戦を予想した高橋。自身が投じる一票については「小嶋さんが最後なので、そこは(票を)入れてあげたい」と明かし「もちろん(センターに)なってほしい。ただ指原は強い。そこを誰がどう倒していくのかっていうところもありますよね」と願った。

 一方で自身は12月31日に地元の東京・八王子でカウントダウンライブを行う。「こないだ峯岸(みなみ)さんとご飯に行ったときに『紅白に出れなかったらカウントダウンライブに出させて』と言われた。もし出れないメンバーがいたらお待ちしております」と笑いながら呼びかけていた。

 グループを卒業しからこそ気づいた、心の持ち方、人との接し方、夢のかなえ方など、高橋の書き下ろしメッセージを集めた同カレンダー。完成版を手にし「自分の発言だったり名言を使ってくれるのはうれしい」と満足げな表情を浮かべると「一日めくっていただいて、その日の活力になるといいな」と声を弾ませた。