志尊淳、"みんなの王子様"の役作りに「試行錯誤しています」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
12月20日放送、関西テレビ・フジテレビ系クリスマスドラマスペシャル『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』に出演する志尊淳(C)関西テレビ

 俳優の志尊淳が、関西テレビ・フジテレビ系で12月20日に放送予定のクリスマスドラマスペシャル『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』(後9:00~10:48)に出演することが明らかになった。

主演の多部未華子&高橋一生

 同ドラマは、女優の多部未華子が現実の恋に臆病な"恋愛自家栽培"女子を、俳優の高橋一生が女心を全く理解できない残念男子を演じるラブコメディー。

 片思いに悩むアプリ会社社長・黒川壮一郎(高橋)から「恋愛のレクチャーをしてくれ」と恋愛指南を頼まれた恋愛シミュレーションゲームプランナー・白野莉子(多部)は、恋愛ゲームそっくりのキャラクターになるよう黒川に次々に指示。その甲斐あって黒川は片思いの相手と急速に接近していく。だが莉子は、いつしか黒川にひかれている自分に気付く...、というストーリー。

 志尊が演じるのは、黒川の直属の部下で最年少役員の緑谷拓。多部演じる恋愛シミュレーションゲームプランナー・白野のありのままで正直なところに次第にひかれていく。黒川とは対照的にコミュニケーション能力が高く、上司からも女性からも支持されるキャラクター設定に、「ディテールにこだわりながら"みんなの王子様"でいるイメージを崩さないよう試行錯誤しています」と志尊。

 「クリスマスという時期が誘うドキドキ・ワクワクがふんだんに詰まったラブコメディー。キュンキュン、甘酸ぱい恋愛の中にある人間の欲。色んな気持ちが交錯していく姿。そこにはリアリティがあり、好きな人が与える影響で揺れる心情も一つの見どころです」とコメントしている。

 そんな志尊のクリスマスの思い出は「子どもの頃は、サンタさんが来てプレゼントをもらえるんだという一大イベントでしたね。クリスマスの前後はワクワクが止まらず、プレゼントに何をお願いするのかを選ぶのも楽しくて、幸せをかみしめていた気がします(笑)。毎日がクリスマスだったらどんなに楽しいだろう!とも思っていました(笑)」と話していた。

 高橋演じる黒川が思いを寄せる部下・桃瀬はるかを大政絢、黒川行きつけのブックカフェのマスター・灰原源次郎を田中要次が演じることも同時に発表された。