ゆず、来春に初のドームツアー&“完全”ベスト 20周年に向け「ついてきて」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
20周年突入記念弾き語りライブ『ゆずのみ』を開催したゆず(撮影:太田好治)

 人気デュオ・ゆずが27日、東京ドームで20周年突入記念弾き語りライブ『ゆずのみ』を開催した。終盤には、来年春に自身初のオールタイムベストアルバムの発売、こちらも初となる全国ドームツアーの開催を発表し、5万人の観客を興奮させた。

【写真】27曲を披露したライブの模様

 ドームツアーは、5月3日の愛知・ナゴヤドームを皮切りに、同20日・21日の東京ドーム、同27日・28日の京セラドーム大阪、6月4日の福岡ヤフオク!ドームの4ヶ所6公演で約30万人を動員する。

 この日は、2001年に行った初の東京ドーム公演でも1曲目に歌ったキャンディーズのカバー「春一番」からスタート。代表曲「栄光の架橋」「虹」「雨のち晴レルヤ」「夏色」「サヨナラバス」など、新旧ヒット曲含め全27曲を披露した。

 歌手の郷ひろみ、ゆずファンを公言する大島優子が録音した声が出る楽器も使用され、「3番線」では郷の「カモーン」「ジャパーン」というかけ声が響きわたり、「Go★Go!! サウナ」では大島の「サウナ大好き」「ゆずさん、大好きです」という声が流れる演出に会場が大きく沸いた。

 ぎっしり満員の会場を見渡した北川悠仁は「たくさんの人に観てほしくて、東京ドームの限界まで席を用意してもらいました。5万人を超える方が来てくれています。ありがとう」と感謝。岩沢厚治がギターを奏でる横で、20周年へ向けて「これからも演奏をし続けるので、俺たちについて来てください」と呼びかけた。

 秋田・能代市で行われる行事「天空の不夜城」に登場する高さ24.1メートルの巨大灯籠・愛季に乗り込んで歌唱。ライブでは初となるソロコーナーでは、岩沢が路上時代と同じように座り込んで「ライブのタイトル“ゆずのみ”になってるけど、今から”ずのみ”になります」と話してから「おっちゃんの唄」を披露するなど、演出面でも楽しませ、26・27日の2日間で10万人を動員した。

 アンコール前には、突然、フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』(毎週土曜 後8:00)のメンバーが乱入。ナインティナインの岡村隆史から同番組のテーマ曲制作を依頼されると、観客を巻き込んだ強引な頼み方に苦笑しつつ、「精一杯作らせていただきます」と約束した。

■ゆず20周年突入記念弾き語りライブ『ゆずのみ』セットリスト
01. 春一番
02. DOME★BOMBAYE 20周年 ver
03. いこう
04. 待ちぼうけ
05. 濃
06. 贈る詩
07. 春風
08. 連呼
09. 3番線
10. Go★Go!! サウナ
11. 飛べない鳥
12. 心のままに
13. おっちゃんの唄(岩沢厚治)
14. ねぇ(北川悠仁)
15. 栄光の架橋
16. 虹
17. 友達の唄
18. OLA!!
19. LOVE & PEACH
20. 少年
21. 夏色
【アンコール】
22. 嗚呼、青春の日々
23. 友 ~旅立ちの時~
24. サヨナラバス
25. 雨のち晴レルヤ
26. 蛍の光
27. てっぺん