圭、航平、歩… 2016年子どもの名前、人気スポーツ選手の名前が急上昇

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2016年に生まれた子どもの名前で、内村航平選手の「航平」、錦織圭選手の「圭」がランクアップ (C)oricon ME inc.

 日本中を感動と興奮の渦に巻き込んだリオデジャネイロ五輪の影響か、人気スポーツ選手の名前の人気が上昇している。明治安田生命が28日に発表した『2016年生まれの子どもの名前』調査によると、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手の【圭】は昨年878位から60位にジャンプアップ。個人総合2連覇を成し遂げた金メダリストの体操・内村航平選手の【航平】も同312位から41位に順位を上げている。

<ランキング表>2016年の子どもの名前、男の子のTOP10

 世界ランキング上位8名しか出場できないATPワールドツアー・ファイナルに3年連続で出場し、日本のみならず世界からも注目を集める錦織選手。リオデジャネイロ五輪で日本テニス96年ぶりのメダルを獲得した今年は、テニスファン以外からも大きな注目を集め、子どもに圭の名前をつける親が増加した。

 世界が認める実力と甘いルックス、「『ブラックサンダー』好き」「リオで『ポケモンGO』をプレーして高額請求」など、ほのぼのとしたエピソードで男女から人気が高い内村航平選手は、リオデジャネイロ五輪で個人総合と団体総合の2冠に輝いたことでさらに人気上昇。その人気を裏付けるように、航平の名が50位以内にランクインしている。

 また、昨年行われたラグビーワールドカップでの勝利と、プレー中のルーティンである「五郎丸ポーズ」で一躍脚光を浴びた現フランス・RCトゥーロン所属の五郎丸歩選手の【歩】も昨年33位から12位にランクアップ。同調査は2016年1月生まれからが対象になっていることもあり、リオ五輪メダリスト以上の伸びを見せた。

 生命保険加入者を対象に1989年から行っている同調査は今回で28回目。今年は男児8947人、女児8509人を対象に集計している。