【オリコン】モー娘。新曲が18作目首位 歴代1位独走62作目TOP10

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
11人体制初のシングルで通算18作目の首位を獲得したモーニング娘。’16

 アイドルグループ・モーニング娘。'16の62枚目のシングル「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」(11月23日発売)が初週9.8万枚を売り上げ、12/5付オリコン週間シングルランキング1位に初登場した。

【写真】「ムキダシで向き合って」のポーズを披露するモー娘。

 シングル首位は女性グループ歴代2位の通算18作目。また、自身が保持する全アーティスト歴代1位記録の「シングルTOP10入り獲得作品数」を通算62作に更新した(歴代2位はSMAP=55作)。

 5月に鈴木香音が卒業後、11人体制となって初のシングルは、トリプルA面。「セクシーキャットの演説」は譜久村聖、工藤遥、小田さくらがセクシーな猫に扮するミュージカルタッチの楽曲。「ムキダシで向き合って」はEDM調、「そうじゃない」は12期の牧野真莉愛が初の単独センターを務めた。

 なお、12月12日に東京・日本武道館で開催される全国ツアー最終公演では、13期メンバーをお披露目することが決まっている。