板野友美、こじるりとドラマ初共演「少し恥ずかしかった」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
TBS系連続ドラマ・テッペン!水ドラ!!『コック警部の晩餐会』第9話と最終話に出演する板野友美(右)と小島瑠璃子(左) (C)TBS

 歌手で女優の板野友美が12月14日放送のTBS系連続ドラマ『コック警部の晩餐会』(毎週水曜 深0:10)第9話と翌週の最終回にゲスト出演することがわかった。事務所の後輩でプライベートでも親交のある小島瑠璃子とドラマ初共演を果たす。

【役衣装】新人刑事を演じる小島瑠璃子

 柄本佑が連続ドラマ初主演を務める同作。捜査一課特命警部で料理の腕前がプロ級の"コック警部"こと古久星三(こっくほしみつ)が"料理はウソをつかない"を捜査方針として容疑者たちを晩餐会に招いて犯人をあぶり出すミステリー。小島はコック警部とコンビを組む、新人刑事・七瀬あずみを演じている。板野の役どころについてはまだ明かされていない。

 「ゲスト出演ということで、皆さんの輪の中にお邪魔する形なので、皆さんの空気感を崩さずに参加できたらと思って挑みました」という板野。「こじるりとは、一緒に番組をやったり、バラエティー番組での共演は多かったものの、演技を一緒にするなんて思ってもなかったので、少し恥ずかしかったですが、楽しかったです」と満足げに明かしている。