チャラン・ポ・ランタン、スイーツ×デジタルの世界に感激「夢のよう」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スイーツ×デジタルの世界に感激した様子のチャラン・ポ・ランタンの(左から)もも、小春 (C)ORICON NewS inc.

 姉妹ユニットのチャラン・ポ・ランタンが11月30日、東京・表参道ヒルズで行われた体感型イベント『SWEETS by NAKED』オープニングセレモニーに出席。スイーツとデジタルアートが融合した同所でテーマソング「Sweet as sugar」を披露し「スイーツが大好きなので、お菓子のなかの世界で歌えて幸せです」と喜んだ。

【写真】スイーツの世界観で包まれた会場で生歌披露

 ボーカルのももは、スイーツの世界観で包まれた会場を見て「夢のようです」と笑顔。アコーディオンの小春は「味覚と視覚で楽しめる世界のなかで、私たちの役割は聴覚だと思うので、今回参加できてよかった」と話していた。

 オープニングセレモニーには、同イベントの総合演出を行うNAKED代表の村松亮太郎氏も出席。「ただのデジタルアートではなく、スイーツと融合したら面白いと思った」といい、「全体の世界観を楽しんでほしい」と呼びかけた。

 同イベントは、表参道ヒルズB3Fスペースオーにて12月1日~2017年1月9日まで開催。