中島裕翔、初恋は小学生 エピソード明かす「相合傘して帰りました」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
中島裕翔と過去の告白歴を赤裸々にトークした新木優子 (C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔、女優の新木優子が30日、都内で行われた映画『僕らのごはんは明日(あした)で待ってる』(来年1月7日公開)完成披露試写会に出席。ラブストーリーにかけ、中島と新木は初恋のエピソードを披露した。

【全身ショット】花柄ワンピで登場した新木優子

 初恋について中島は「小学生の話で」と切り出し、「帰る時に相合傘して帰ったりしていました。小学1、2年生とかのときに。(自分は)ネガティブなのに頑張りましたよ」とにっこり。ファンから「いいなぁ~」と声がかかると、「いいだろ~」とドヤ顔。続けて「(相手が)傘を持っていなくて、しょうがなく(『となりのトトロ』の)カンタみたいに『ん!』って」と明かした。

 「初恋はどれだったのかわからない」という新木も、「幼稚園のときに手紙を渡したのは覚えている。(返事に)『僕も好きだよ』と書いてあったと思う。いまだったら手紙がスマホに変わっているのかなと思うと切なくなりますよね」と甘酸っぱい思い出を語った。

 さらに、過去の告白歴についても赤裸々にトーク。新木は同じ人に3回告白し、「3回フラれました」と苦笑。中島は「一気に3人に告られたことはあるよね」とぶっちゃけ、「1人が告白しに来て『ごめん』、2人目が来て『ごめん』、3人目が来て『ごめん』だったから、お前ら仲間だろ!と思って。びっくりしましたね。調子に乗っちゃいそうでしたね」と笑いながら振り返った。

 原作は瀬尾まいこ氏による同名小説。ネガティブな亮太(中島)とポジティブな小春(新木)、正反対の性格を持つ男女の7年間の恋愛を描く。

 そのほか、市井昌秀監督も出席した。