松たか子、5年ぶり連ドラ主演 満島ひかりと初共演で"弦楽四重奏"挑戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
1月スタートのTBS系連続ドラマ『カルテット』に出演する(左上から時計回りに)松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生 (C)TBS

 女優・松たか子が1月スタートのTBS系連続ドラマ『カルテット』(毎週火曜 後10:00)に主演することがわかった。松にとって『運命の人』(2012年)以来5年ぶりの連ドラ主演となる今回では、女優・満島ひかりと初共演。このほか高橋一生、松田龍平らが演じる4人の登場人物が"弦楽四重奏(カルテット)"を組み、美しい軽井沢を舞台に人間ドラマを繰り広げる。

 『Mother』『Woman』(日テレ)、『最高の離婚』(フジ)などを生み出した脚本家・坂元裕二氏によるオリジナル作品。ある日、"偶然"出会った男女、全員30代の4人が、叶えられなかった夢を胸にカルテットを組み、軽井沢でひと冬の共同生活を送ることになる。しかし、その"偶然"には、大きな秘密が隠されていた...というラブストーリー×ヒューマンサスペンスだ。

 松演じる主人公で第一ヴァイオリン奏者の巻真紀(まきまき)は家庭があるため普段は都内で生活し、週末だけ演奏のために軽井沢に通っている。極端なネガティブ思考で他のメンバーたちより一歩引いた存在だが、時どき核心に触れる発言をするなど、とらえどころのない人物。満島演じるチェリスト・世吹(せぶき)すずめはマイペースでのんびりしているがチェロを手にすると人が変わり、カルテットに加わったのにはある目的があった。

 妙に理屈っぽく、自己のこだわり満載の一風変わったヴィオラ奏者・家森諭高(いえもりゆたか)には高橋。4人の中で唯一、冷静にほかの人物とコミュニケーションを取ることができるリーダー的な存在で、カルテット活動の拠点として祖父が所有する別荘を提供する第2ヴァイオリン奏者の別府司を松田が演じる。

 松は「ラブ・サスペンス、ラブ・サスペンス、ラブ・サスペンス・・・、と繰り返しつぶやいていると、何だかにやにやしてしまう、若干自覚のない私ですが、こんなに魅力的なスタッフ・キャストとこの冬を過ごせるのが、本当に楽しみです。頑張ります!」と意気込み。

 チェロには「あと3年は練習したい」と苦戦している様子の満島は「どんなことになるのか未知です。ですが、ドラマを見た方が何だか癒される作品になるといいなと思います。大好きな坂元さんの脚本と面白い先輩たちに囲まれて、始まる前の今がいちばん幸せかもしれません」と期待に胸をふくらませている。