劇場版『名探偵コナン』最新作の舞台は大阪&京都 原作にも絡む新キャラ初登場

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
劇場版21作目『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』は2017年4月15日公開 (C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 人気アニメ『名探偵コナン』劇場版21作目となる最新作のタイトルが『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』(2017年4月15日公開)に決定した。江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵が揃い踏みするファン垂涎のストーリーに加え、今後の原作ストーリーにも大きく絡んでくる百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉がスクリーンに初登場する。

『名探偵コナン から紅の恋歌』ロゴ画像

 今年4月に公開した記念すべき20作目となる劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』は、シリーズ最高興収63.1億円を記録し、4作品連続で興行収入を更新するヒットを記録した。

 今後の原作ストーリーにも絡むという紅葉は、「平次の婚約者」を名乗る存在。平次と和葉の関係にどんな影響をもたらすのか、さらには今作で新一と蘭の関係にも変化が生まれるのか、淡い恋の行方にも注目が集まる。

 12月10日からは、全国の劇場(※一部劇場を除く)にて本ビジュアルを使用したティーザーポスターの掲出とティーザーチラシが配布開始。12月9日の日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送される『名探偵コナン エピソード"ONE" 小さくなった名探偵』の最後に特報動画が地上波初解禁される。

■ストーリー

大阪のシンボル・日売テレビで突如、爆破事件が発生。その時局内では、日本の百人一首会を牽引する「皐月会」が開催する皐月杯の会見収録が行われており、突如の事態で大パニックに。轟音を立てて崩壊していくビルの中、西の名探偵・服部平次とその幼なじみ・遠山和葉、2人だけが取り残されてしまうが、間一髪のところで駆け付けたコナンにより無事救出される。

まるでテロのような事件、しかし犯人の目的もわからず、犯行声明すら出ていない不可解な状況に違和感を禁じ得ないコナンと平次。そんな騒動の中、コナンたちは平次の婚約者だと言い張る女性と出会う。その名は、大岡紅葉。「平次は幼い頃にプロポーズされたことがある運命の人」という紅葉は、百人一首の高校生チャンピオンにして、未来のクイーンと呼ばれる存在だった。

時を同じくして京都・嵐山の日本家屋で、皐月杯の優勝者が殺害される事件が起こる。その時、殺害現場のモニターに映し出されていたのは、紅葉の姿。そこには、ある「歌」が深々となり続けていた――。