溝端淳平がポリマースーツをまとう 実写『破裏拳ポリマー』特報&ポスター解禁

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
溝端淳平が主演する映画『破裏拳ポリマー』ポスター (C)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会

 俳優の溝端淳平(27)が、初のアクションにして異端のヒーローを演じる映画『破裏拳ポリマー』(2017年5月公開)の特報とポスターが1日、解禁された。

『破裏拳ポリマー』特報映像

 原作は、『ガッチャマン』『キャシャーン』『タイムボカン』シリーズなどタツノコプロが生み出した人気キャラクターのなかでも、カンフーなど格闘技の要素を取り入れた肉弾アクションが話題を呼んだアニメ。元ストリートファイターにして、探偵、そして奥義“破裏拳(はりけん)”を操る拳法の達人という欲張りな主人公・鎧武士(よろいたけし)を溝端が演じ、本作のために4ヶ月前からトレーニングを重ねた。

 監督は、『仮面ライダーW』『仮面ライダーフォーゼ』『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』などの坂本浩一氏が務め、溝端のほか、山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜が共演する。

 ポリマースーツをまとった姿を披露した溝端は「勧善懲悪ではない作品が多い中、本当に正義とは何かっていうことを、普遍的にまっすぐ描いている作品だと思います」とアピール。「どんな困難にぶち当たっても、自分を信じ抜いて、プライドを貫き通すところがとてもヒーローらしいお話です。ここまで直球な作品も今時珍しいですし、何と言ってもアクションシーンに迫力があります。観た後にスカッと気持ちよくなれる作品だと思います」とコメントした。