「神ってる」が流行語大賞 鈴木誠也選手「信じられないの一言」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「神ってる」で2016流行語大賞を受賞したでプロ野球・広島カープの鈴木誠也選手 (C)ORICON NewS inc.

 その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が12月1日に発表され、年間大賞はプロ野球・広島カープの緒方孝市監督が発した「神ってる」が受賞。その言葉で評された鈴木誠也選手が同日、都内ホテルで行われた表彰式に出席した。

【動画】流行語大賞 様々な受賞者たち

 まずは、トップ10へ選出された言葉の代表としてスーツ姿で登場した鈴木選手は、多くのフラッシュを浴びると「僕自身が『神ってる』と言った言葉ではないけど、うれしく思っています。広島カープが優勝していい年だなと思っているので、こういう年に『神ってる』という言葉を受賞したことを一生忘れないと思います」と喜びを語った。

 スピーチ後、年間大賞への選出が発表されると「信じられないの一言です」と目を丸くた鈴木選手。「(打席より)こっち(表彰式)のほうが緊張します」と終始恐縮しきりだった。

 そのほか、トップ10には「ゲス不倫」「聖地巡礼」「トランプ現象」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」「(僕の)アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「盛り土」が選出された。また、『選考委員特別賞』として「復興城主」が受賞した。

 同賞は1年の間に軽妙に世相を表現している“言葉”、広く大衆の目や口、耳をにぎわせた“言葉”の中から選出。11月17日に大賞候補30語が発表されていた。