『ローグ・ワン』"盲目の戦士"はドニー・イェンのアイデアだった

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)ドニー・イェンが演じる盲目の戦士、チアルート・イムウェ(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)のメインキャラクターをフィーチャーした特別映像が到着した。今回はドニー・イェン演じるチアルート・イムウェ編。目は不自由ではあってもフォースを信じている彼の人となり、変幻自在の棒術の驚異的な強さがよくわかるように編集されている。

【動画】『ローグ・ワン』特別映像 チアルート編

 『エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれる本作は、女性戦士ジン・アーソ率いる反乱軍の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が、帝国軍の究極兵器デス・スターの設計図を盗み出す、という97.6%不可能なミッションに挑む物語。

 ジェダイが滅び銀河の希望が失われかけている時代に、ダース・ベイダーを擁する帝国軍の究極兵器デス・スターの建設が進んでいた。反乱軍も帝国軍へ降伏するしかないとあきらめかけた時、女性戦士ジン・アーソ率いる極秘チーム<ローグ・ワン>が結成される。そのメンバーの一人となったのが、"フォースを信じる武術マスター"チアルート。彼は盲目だが「恐れることはない。フォースの導きに従うまで」と何が起きても動じない強い心を持つ。そんなチアルートの特技は棒術。ストームトルーパーや敵の動きを感覚で察知し、何人もの敵が背後に潜んでいても、次々と倒してしまう。

 盲目の戦士と言えば、アクション時代劇『座頭市』の主人公・市を思い浮かべてしまう映画ファンも多いだろう。実はチアルートを盲目の設定にしたのは、ドニーのアイデアだったという。ドニーは「実はずっとやってみたいアイデアがあって、チアルートを盲目にしてみたらどうだろう」とギャレス・エドワーズ監督に自ら提案。エドワーズ監督はそれを聞いて「それは良いね!素晴らしいアイデアだよ」とすぐに採用したことを明かしている。

 ドニーは先日、米カリフォルニア州ハリウッドの観光名所、TLCチャイニーズ・シアター前に"スターの証"である手形を残してきたばかり。香港からハリウッドに羽ばたいたドニーがその力量を遺憾なく発揮し、スクリーンに刻んだ雄姿を思う存分堪能したい。