稲村亜美の"神スイング"に元PL野球部の漫画家が「動きがきれい」と絶賛

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」初の公開収録イベントに稲村亜美が登場

 元千葉ロッテマリーンズの里崎智也と、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記がパーソナリティを務める『今夜もオトパラ!(毎週金曜日17時30分~20時50分)』内のコーナー「講談社 presents 吉田尚記のコミパラ!」初の公開収録イベントが12月1日、東京・有楽町のニッポン放送イマジンスタジオで行われた。

【写真】得意のスイングを生披露する稲村亜美の全身ショット

 年間約500冊の漫画を購入する生活を20年以上続けるマニアで、"マンガ大賞"の発起人でもある吉田アナが、毎週オススメの漫画1冊を紹介する人気コーナー。この日は里崎と吉田アナに加えて、週刊モーニングで連載中の高校野球漫画『バトルスタディーズ』の作者で、元PL学園野球部のなきぼくろ氏、今年"神スイング"でブレイクを果たしたタレントの稲村亜美が駆けつけ、野球トークに花を咲かせた。

 小学1年生から9年間、野球に汗を流した稲村は「PL学園ご出身で、甲子園にも出場したんですよね」となきぼくろ氏に尊敬のまなざし。この発言に、高校時代は甲子園の土を踏むことがなかった里崎氏が「甲子園はテレビで観るもの(笑)。プロになってから、初めて甲子園でホームランを打ったときは、死ぬほどうれしかった」と自虐を交え、笑いを誘った。

 また、里崎氏が高校時代に体験した過酷なボール磨きを振り返ると、稲村は「ボールは磨いたことないです」と目を白黒。里崎氏は「俗に言う"ゆとり"ですよ」とあきれ顔だったが、稲村が得意のスイングを生披露すると、「下半身から腰の動きがいいんですよ」と太鼓判。なきぼくろ氏も「バットの動きがきれい」と絶賛し、稲村を喜ばせていた。

 『バトルスタディーズ』は架空の野球強豪校・DL学園を舞台にした高校野球漫画。中学時代から憧れていたDL学園に晴れて入学した主人公・狩野笑太郎が、伝統的に受け継がれる鉄壁の上下関係や過酷な寮生活の中で、チームメイトとともに甲子園出演を目指す。

 先輩による理不尽な仕打ちも数多く描かれており、体育会系とは無縁の青春時代を送ったという吉田アナが「体験を大げさに描いているんですか?」と質問すると、なきぼくろ氏は「むしろ薄めている」と涼しい顔。里崎氏も「とてもリアルなドキュメンタリー漫画」と話していた。