吉高由里子、鈴木亮平と衝撃のキス 『東京タラレバ娘』7話予告公開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
吉高由里子主演の日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜 後10:00)第7話場面カット (C)日本テレビ

 女優・吉高由里子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜 後10:00)第7話(3月1日放送)の予告が公開された。イケメンバーテンダー・奥田(速水もこみち)との恋のチャンスを自ら手放してしまった吉高演じる倫子だったが、かつて恋がはじまる前に終わってしまったドラマプロデューサー・早坂(鈴木亮平)と再接近。早坂から熱い想いを打ち明けられた倫子はついにキス…という衝撃のシーンも含まれており、後半戦に突入した物語はさらなる波乱の展開を予想させる。

【動画】第7話予告公開

 同ドラマは、東村アキコ氏の累計発行部数290万部突破の同名人気漫画が原作。「~だったら」「~れば」を繰り返すうちに、仕事も恋愛も行き詰まったアラサー女子3人組が厳しい現実にもがくラブコメディー。劇中に登場する辛らつなせりふや心情が「心に刺さる」と話題を呼んでいる。

 第7話では早坂から北伊豆町の町おこしPRドラマの脚本の依頼を受けた倫子は小さな仕事のため、正直気乗りがしなかったものの香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)を連れて北伊豆へ向かう。だが、ドラマを企画した早坂の恩師・田口(田山涼成)たちの町おこしにかける想いに心動かされた倫子は一度書いた脚本を捨てて新たに書き直すことに。翌日、仕事の楽しさを思い出し、撮影現場で自らADとなって生き生きと働く倫子の姿をKEY(坂口健太郎)や早坂がみつめる。一方、サラリーマン・丸井(田中圭)と不倫中の小雪は父・安男(金田明夫)に関係を知られてしまう…というあらすじ。