辻本祐樹、秀吉役との再会に感謝 主演への“出世”に「身の引き締まる思い」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
辻本祐樹 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の辻本祐樹(32)が主演を務める舞台『SENGOKU WARS ~RU・TENエピソード2~猿狸合戦』の公開舞台けいこが24日、東京芸術劇場シアターイーストで行われた。

【写真】公開けいこの模様

 同作は、2014年に小林且弥が演じた黒田官兵衛が主人公の物語『るの祭典』の続編。前作では引きこもりで目薬屋になりたい官兵衛が、だまされて“宇宙人”の織田信長率いる戦国武将たちの争いに巻き込まれ、官兵衛を主として抱いている羽柴秀吉(辻本)が、官兵衛の言葉に感銘を受けて、明智光秀を討ち天下統一に名乗りを上げた。

 前作から2年の時が経ち、今作で天下人を目指す秀吉は、天下が近づくほど徐々に心優しかった面影はなくなり、冷徹な人物へと変わり始める。同じく天下統一を目指す徳川家康(鳥越裕貴)との天下をかけて、猿と狸の化かし合いが始まる。

 主役へと“出世”を遂げた辻本は「役者として、一つの役、その必死に演じた役が、エピソード2としてまた演じられるのがうれしくて感謝しかありません」と喜び、「それと同時にその期待に応えられるよう、身の引き締まる思いでもあります」と気合十分のコメントを寄せた。

 公演は、同所であす25日から2日間行われる。