小沢健二、20年ぶりMステ歌唱 「フジロック出演」サプライズ発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
小沢健二

 シンガーソングライターの小沢健二(48)が24日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)に約20年ぶりに出演。22日に発売した19年ぶりのシングル「流動体について」と代表曲「ぼくらが旅に出る理由」を生歌唱した。

【写真】小沢健二19年ぶりシングル ジャケ写公開

 フリッパーズ・ギター(The Flipper’s Guitar)そしてソロと1990年代の音楽シーンをけん引し、近年は米国を拠点に活動してきた小沢。番組冒頭、MCのタモリ(71)から「小沢健二君、20年ぶり!」と紹介されると「前世に帰ってきたみたいです」と笑顔であいさつした。

 歌唱前のトークでは、タモリに「昨年ライブに来ていただいて、ありがとうございました」と感謝を述べると「あと、今年『フジロック(フェスティバル)』に出演します! 『(今夜は)ブギーバック』もやります」とサプライズ発表が飛び出し、スタジオを沸かせた。

 この日はロックバンド・X JAPANも同番組の(スペシャル回を除いた)レギュラー放送に21年ぶりに出演したとあり、ツイッターなどで「小沢健二にXJAPANて、Mステすげぇな」「小沢健二とX JAPANだけでゲストお腹いっぱい」と豪華な並びに驚く声も多く見られた。

 なお、『フジロック』主催者はORICON NEWSの取材に対し、小沢の出演について「出演者のラインナップは後日、正式発表させていただきます」と回答し、明言はしなかった。