元EEJUMPのソニン、過去のしくじり 自分にも非があった

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
元EEJUMPのソニンが3月13日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演(C)テレビ朝日

 2000年から02年にかけて活動したつんく♂プロデュースによるダンスボーカルユニット「EE JUMP」でデビューし、現在は舞台を中心とした女優として活動しているソニンが、3月13日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』3時間スペシャル(後7:00~9:48)に出演。自らのしくじりを経て得た教訓を語る。

瀬古利彦氏がしくじりマラソン人生を全告白

 EE JUMPは、「おっととっと夏だぜ!」などのヒット曲を出しながらもメンバーの不祥事で、わずか2年で解散。その後、ソニンはバラエティー番組などでも活躍していたが、実は仕事中に何度も倒れ、時には病院に緊急搬送されたこともあったと打明ける。なぜそんな事態を引き起こしてしまったのか!?

 これまでに経験した悲劇の数々を激白するソニンは、上からの指示がないと動くことができない“指示待ち人間”だった自分に非があったと、自己分析。手痛い失敗を乗り越え、過去の自分と決別したソニンが、“指示待ち人間になって人生の決断力を失わないための授業”を展開する。

 この日はほかに、DeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦氏も登壇。“実力は世界一なのにオリンピックだけ勝てない先生”として、“実力があるのに本番でしくじらないための授業”を行う。

 瀬古氏は国際大会10回優勝という輝かしい戦績で、世界最強といわれた元マラソンランナー。しかし、1984年のロス、88年のソウルと、オリンピックに2大会連続で出場し、金メダル確実と期待されていたにもかかわらず、ロスで14位、ソウルで9位と惨敗した。番組では、オリンピックでメダルを獲得することができなかった真相を告白。これから人生の“大一番”を迎える人や、2020年の東京オリンピックを目指すアスリートたちに向け、成功としくじりの両方を体験した瀬古氏が、大一番を乗り越えるために役立つ教訓を伝授する。