『映画ドラえもん』最新作 「期待値高まる」イメージボードをポスター化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(3月4日公開)氷の下に眠る古代都市を見つける5人(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

 『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(3月4日公開)から、劇中の印象的なシーンを描き出したイメージボードポスターが新たに公開された。本作の世界観をシェアするために描かれた数多くのイメージボードの中の1枚、「氷に覆われた南極大陸を見上げる5人」が、ティザービジュアルとして使用されていたのだが、「シンプルなのに引きこまれる」「期待値が高まる」とインターネット上で話題となっていたため、6枚のイメージボードが新たにポスター化されることになった。

【動画】日本国内の寒いところでカチコチ体験

 劇場アニメシリーズ第37弾となる同作は、南極を舞台に氷の下に眠る謎の古代都市をめぐる冒険を描く。

 本作のイメージボードを手掛けたのは、イラストレーターの丹地陽子氏とヒョーゴノスケ氏の2人。丹地氏は、代表作の「黒猫シリーズ」(早川書房)をはじめ、イラストレーターとして、数々の挿画を手がけている。ヒョーゴノスケ氏は、16歳の時に『週刊少年ジャンプ』(集英社)でデビューし、イラストレーターとして、『暗号クラブ』『ホラー横丁13番地』などの児童書の挿絵を中心に幅広い活動を展開している。

 柔らかく繊細なタッチで抒情的に描かれたイメージボードにコピーを添え、どんな映画なのか、どんな場面なのか、よりイメージが膨らむポスターに仕上がった。このポスターは、きょう27日から3月5日までの期間限定で、東京・新宿地下通路に掲出されることも決定。付近にはティザービジュアルによるフォトスポットも設置される。