マーベル、日本オリジナルアニメ3年ぶり製作 アベンジャーズに少年たちが弟子入り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本オリジナルテレビアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』を製作、今夏BS「Dlife」で放送 (C) 2017 MARVEL

 数々のスーパーヒーローと彼らが活躍する作品を世に送り出している「マーベル」のキャラクター原案・監修による日本オリジナルテレビアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』が製作されることが27日、発表された。ディズニー社傘下のBSテレビ局「Dlife」で、今夏放送。日本オリジナルアニメは2014年の『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』以来3年ぶりとなる。

アニメに先駆け、マンガ連載がスタート

 同アニメは、映画でもおなじみのアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ソー、ワスプといったマーベル・ヒーローたちで結成された最強チーム"アベンジャーズ"に、悪の遺伝子操作によって創り出された超人的能力を持つマコトを始めとする少年たちが弟子入りし、"フューチャー・アベンジャーズ"を名乗り、ヴィランズと戦いながらヒーローへと成長していく物語。

 圧倒的な強さと人間らしさを持ち合わせるアベンジャーズを、子どもたちの憧れの存在として描き、彼らが少年たちとコミュニケーションをとりながら、指導し、共に戦い、そして時には少年たちから新たな気づきを得るオリジナルのストーリーを展開する。日本市場はもちろんのこと、将来的には世界中の子どもたちが楽しめるように、グローバルな市場での展開も視野に入れて製作される。

 ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル・ジャパンのバイスプレジデント&ゼネラルマネージャーのエディ・カックス氏は、「マーベル作品は、国内でここ数年、劇場映画が数々のヒットを記録しています。その人気の裾野を、子どもたちにもさらに広げていき、ぜひ、すばらしいマーベルの世界をこの番組を通じて楽しんでいただければと思います」と戦略を述べている。

 アニメの放送に先駆け、あす28日発売の『別冊コロコロコミックスペシャル』4月号(小学館)にてマンガ連載がスタートする。作画は『超速変形ジャイロゼッター』を手掛けた水野輝昭氏が担当する。