石田純一&理子らリアル夫婦が"離婚危機"を熱演 鬼奴、アニマル浜口一家も...

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
17日放送の日本テレビ系金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』(後9:00)にカメオ出演する石田純一、理子夫妻 (C)日本テレビ

 俳優の石田純一と東尾理子夫妻が17日放送の日本テレビ系金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『北風と太陽の法廷』(後9:00)にカメオ出演することがわかった。女優の波瑠、俳優の岡田将生のW主演で送る同ドラマは無敗の冷徹弁護士と無冠の仲裁弁護士がこじれてしまった夫婦の離婚裁判に挑む物語で、石田夫妻のほか、椿鬼奴とグランジの佐藤大夫妻、アニマル浜口・初枝・京子一家らが離婚危機の夫婦役として劇中に登場する。

【劇中カット】椿鬼奴夫妻も離婚危機カップルを熱演

 離婚裁判のエキスパート・櫻川風香(波瑠)は、冷徹に容赦なく相手を打ちのめす敏腕弁護士。ある日の法廷後、いつものように情け容赦ない弁舌を披露し、被告を追い詰めた風香に、ニッカーボッカー姿の変な男が声を掛ける。その男の正体はどんなドロドロ案件も和解に持ち込む弁護士・陽太(岡田)。彼は風香の仕事ぶりを褒めたたえ、いきなり彼女にハグする。そんな中、ボスである弁護士・五十畑(大谷亮平)から、ある離婚案件を頼まれた風香は相手の代理人として陽太と再会する...。

 石田夫妻は夜の都会を舞台にトレンディードラマを彷彿とさせるシーンに挑戦。「純一さん、別れてほしいの」(理子)、「ゴメンな理子。やっぱり俺には自由が合っている」(石田)と真剣な眼差しで見つめ合う。一方、調停員から「奥さんは、『慰謝料300万円以下はあり得ない!』とおっしゃってます」と、告げられる佐藤は「え~、そんな! 30万が限界です!」と悲壮な表情を浮かべ、だめ夫ぶりを発揮。鬼奴と再会する場面では、彼女が強烈な"技"を佐藤にお見舞する。

 娘・京子が傍聴席で見守る法廷シーンに臨んだ浜口夫妻は陽太に背中を押され、アニマルが初枝に離婚危機の原因となった"あること"を、今後一切やめる、と宣言する。実際は芸能界のおしどり夫婦たちだが、劇中ではこじれにこれじれた関係を熱演している。