現役上智大生・杉山セリナ『NEWS ZERO』史上最年少キャスター抜てき

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
杉山セリナ(19)が4月7日より日本テレビ系『NEWS ZERO』で番組最年少、初の10代キャスターに起用 (C)ORICON NewS inc.

 タレント・杉山セリナ(19)が4月7日より日本テレビ系『NEWS ZERO』(毎週月~木 後11:00・金曜 後11:30)で番組最年少、初の10代キャスターに起用されたことがわかった。メキシコ人の父、日本人の母を持つハーフの杉山は幼少期をメキシコで過ごし、現在は上智大学1年生に在籍。英語、スペイン語、日本語の3ヶ国語を話すトリリンガルの杉山は毎週金曜日、天気・カルチャー担当キャスターとして番組に新風を吹かせる。

【全身ショット】初の10代でのキャスター起用となった杉山セリナ

 わずか芸歴2年での大抜てきに「最初はすごく驚きました」と心境を語る杉山。「私でいいのかという不安もありますが、海外での経験をどのように生かせるか、スペイン語や英語でのインタビューをしたり、直接コミュニケーションをすることで、俳優さんやミュージシャンの方の印象をそのまま伝えたい」と使命感に燃える。

 興味のあるカルチャーのジャンルについては「音楽と映画がものすごく好き。日本ではフランス映画の特集とかを見たことがないのでピックアップしてみたい。音楽はオルタナティブとかインディーズとかロックが好きです」と明るく話し、「スカーレット・ヨハンソンさんが憧れの女性なのでインタビューしてみたい」と目を輝かせる。

 大学に通いながらの出演となるが、両立を心配されると「課題も増えると思うので時間の管理を細かくスケジュールを立ててやっていきたい。休日もダラダラ過ごすより、何時までにこれをしようと考えるのは好きなので、効率良く回したい」と意気込み。いまは番組加入に向け、滑舌の練習や新聞などでの情報方収集に励んでいるそう。

 自らの"武器"には「海外では自分で話さないとコミュニケーションが生まれない、自分から言わないと放って置かれる。その経験を生かして、聞きたいこととか取材したいことを積極的にしていきたい」と前のめり。10代だからこそのフレッシュな視点と海外での経験を持つ杉山と番組が起こす化学変化に期待だ。

◆杉山セリナ 1997年9月24日生まれ。日本テレビ系『ZIP!』やBS朝日『CNNサタデーナイト』、WOWOW『リーガダイジェスト!』などに出演。特技は英語・スペイン語のほか、剣道2段の腕前を持つ。