剛力彩芽の"カブトムシ"コスプレにオードリー若林が感嘆「ここまでやれる女優さんは少ない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
TBS系連続!『レンタルの恋』に出演するオードリーの若林正恭と主演の剛力彩芽 (C)TBS

 女優の剛力彩芽が主演する3月8日放送のTBS系連続ドラマ『レンタルの恋』(毎週水曜 深0:10※1日は深0:25)第8話に、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭がゲスト出演することがわかった。若林が演じるのは剛力演じるレンタルの彼女・高杉レミと、大切に飼っているペットのカブトムシ・クワタロウとをデートさせようとするデザイン事務所の経営者・一色照彦、というなんとも言えない変わり者。若林いわく「衣装過ぎず、人間過ぎず、虫過ぎず、リアル過ぎずで、なるほど~という仕上がり」だという剛力の"カブトムシ"コスプレにも注目だ。

【写真】ギャル店員にも変身

 同ドラマは毎回、お客さんの理想の恋人を完璧なまでに演じきる"レンタルの彼女ナンバー1"で謎の女性・高杉レミ(剛力)と、彼女に恋した大学生の山田公介(太賀)、公介に思いを寄せる幼なじみ・道端すみれ(岸井ゆきの)を巻き込んだドタバタラブストーリー。

 これまでドラマを視聴し「設定が結構ブッ飛んでいるイメージ」だという若林も「僕が演じる一色役は、さらにブッ飛んでいるのではないかと思います」という一色役。「たまにお芝居のお話をいただくと、ちょっとおかしな人の役が多いんですけど、今回もわりと変わった人のお話でしたね(笑)。"アグリー"とか"コンファーム"とか、横文字を多用しながら意見を押し付けるところなどは特にイメージできました。普段やらないことをやらせていただいているので、いつもの僕を知っている人はとても新鮮な感じで楽しんでいただけるのではないかと思います」となりきりぶりに自信を込める。

 今回、若林は剛力とドラマ初共演となるが、剛力の"カブトムシ"ぶりには「さすがに体を張っている感じでしたので、ここまでやれる女優さんは少ないのではないでしょうか? なりきり方が凄かったので、完成が待ち遠しいです。コントでもあまりないので...」と熱演を賞賛。「でも、この真冬に本当に生きているカブトムシがいることが一番驚きましたけどね」と付け加えて笑いを誘った。