“肉体派”タレント・水野裕子、宮崎県日南市で移住生活スタート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日系『イチから住~前略、移住しました~』3月5日放送分から水野裕子の宮崎県日南市篇がスタート(C)テレビ朝日

 芸能人が地方の街に“リアル移住”するテレビ朝日系ドキュメント・バラエティー『イチから住~前略、移住しました~』(毎週日曜 後6:30~6:57)は、3月5日放送分から、タレント・水野裕子(34)の宮崎県日南市篇がスタートする。

さっそく地元の人たちと交流する水野

 水野は愛知県生まれ。『王様のブランチ』(TBS)レポーターを経て、現在はバラエティー番組出演やスポーツキャスターなどで活躍。『筋肉番付』(TBS)から生まれた舞台『マッスルミュージカル』出演、『サイボーグ魂』(TBS)の企画では総合格闘技に挑戦するなど、“肉体派タレント”としても知られている。現在は “管理栄養士”の資格取得を目指して4年制大学に在籍中。

 そんな水野が移住する日南市は、南国リゾート感漂う美しい海と温暖な気候で知られ、海の幸、山の幸にも恵まれた土地。“管理栄養士”を目指し、おいしいものが大好きで、釣りが趣味の水野にぴったりの移住先と言えそう。

 3月8日に35歳の誕生日を迎える水野は、「私の座右の銘は、“食べることは生きることの根っこにある”というもの。その土地の食材や料理を知ることは、今後の私の人生にとって大きな経験になるはず。将来、もし移住を決めたとき、ここ日南市が第一候補になるような、そんな機会になれば…」と、意気込みを語っている。