村上春樹『騎士団長殺し』が1・2位独占 『1Q84』大幅に上回るスタート

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
村上春樹著『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編』(新潮社)

 村上春樹氏の新作書き下ろし長編小説『騎士団長殺し』(新潮社 2月24日発売)の『―第1部 顕れるイデア編―』が週間26.7万部、『―第2部 遷ろうメタファー編―』が同21.1万部をそれぞれ売り上げ、3/6付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門、および文芸(小説)部門で1位・2位を獲得。発売3日間での2作の合計売上は47.8万部となり、2009年5月発売の長編『1Q84 BOOK1』『~ BOOK2』が同年6/8付で記録した週間19.2万部と15.8万部の合計35.0万部を大きく上回るスタートとなった。

■村上春樹氏のプロフィール

 村上氏作品による同部門1位獲得は、前作の短編集『女のいない男たち』(14年4月発売、週間売上12.1万部、累積売上33.7万部)が14年4/28、5/5付で記録して以来2年10ヵ月ぶり。また今作第1部の週間売上26.7万部は、『1Q84 BOOK3』(10年4月発売)が10年4/26付で記録した週間39.8万部、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(13年4月発売)が13年4/22付で記録した同37.2万部に次ぐ売上となった。

 なお、同一シリーズの文芸作品による同部門1位・2位独占は、08年11/3~17付で記録した東野圭吾氏『聖女の救済』『ガリレオの苦悩』(08年4月発売)、09年6/8~7/6付の村上氏『1Q84 BOOK1』『~ BOOK2』、13年6/24~7/8付の百田尚樹氏『海賊とよばれた男上』『~ 下』(12年7月発売)、14年4/21付の和田竜氏『村上海賊の娘上』『~ 下』(13年10月発売)以来、2年10ヵ月ぶり史上5作目となる。

 今作は村上氏にとって『色彩を持たない多崎つくる~』以来4年ぶりの長編。事前に内容を明かさない出版元の販売戦略でも話題を呼んでいた。