神木隆之介、『君の名は。』映画Pに誓う「またご一緒できるよう精進します」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『第12回 渡辺晋賞』で「特別賞」を受賞した川村元気氏(前列)と、プレゼンターを務めた(後列左から)倍賞千恵子、神木隆之介 (C)ORICON NewS inc.

 エンターテインメント業界における新しい感性のプロデューサーを顕彰する『第12回 渡辺晋賞』の授賞式が2日、都内で行われた。大ヒット映画『君の名は。』などを手掛けた映画プロデューサー・川村元気氏が「特別賞」を受賞し、同作の声優を務めた俳優の神木隆之介がプレゼンターとして駆けつけた。

【写真】「渡辺晋賞」受賞の矢内廣氏らが登壇した授賞式の模様

 川村氏は「このような過分な賞をありがとうございます」と恐縮しつつ「これからもこの賞に恥じないように最高の映画を作っていきます」と力強く宣言。花束を贈った神木は「本当に大事な方の喜んでる姿を見ると幸せです。またご一緒できるように僕も精進しますのでよろしくお願いします。本日はおめでとうございます」と祝福した。

 そのほか、「渡辺晋賞」をぴあの矢内廣代表取締役社長が受賞。人間国宝で狂言師の野村萬氏、女優の倍賞千恵子がプレゼンターとして出席し、祝辞を述べた。