『べっぴんさん』スピンオフ、5・6放送 ジャズ喫茶「ヨーソロー」を舞台に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『べっぴんさん』スピンオフでストーリーテラーを務める芳根京子 (C)NHK

 NHKで放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(月~土 前8:00 総合ほか)の本編では描かれないエピソードを紡ぐスピンオフドラマ『べっぴんさん 特別編 忘れられない忘れ物~ヨーソローの1日~』が、5月6日(後7:00~7:59)にBSプレミアムで放送される。

【画像】『べっぴんさん』に出演が決まった上地雄輔&星野真里

 第15週~第20週で若者たちの青春物語の舞台となったジャズ喫茶「ヨーソロー」。そこで繰り広げられ、本編では語られなかったアナザーストーリーを、本編キャストでドラマ化。「勝二と五月の怪しい関係?」「節子が怪事件に挑む!」「キアリスにライバル登場?!」「栄輔と武ちゃんが対決!」「天国のあの人が再び…」と、ラブストーリーあり、コメディーあり、感動ドラマあり、バラエティーに富んだ5つの物語をが オムニバス形式で描かれる。ヒロイン・すみれ(芳根京子)がストーリーテラーを務める。

 出演は、芳根、谷村美月、百田夏菜子、土村芳、田中要次、山村紅葉、三倉茉奈、松下優也、古川雄輝、森永悠希、久保田紗友、宮田圭子ほか。

 『べっぴんさん』の本編は4月1日まで放送。3月中旬からは、オイルショックの不況期を迎え、難しいかじ取りを迫られながらも、子ども服メーカー「キアリス」の未来を見据え、大切なことに気づいていくヒロイン・すみれたちと若手社員の成長を中心に描いていく。最終章の新キャラクターとして、プロカメラマン・亀田役で上地雄輔が連続テレビ小説初出演。保育士・美幸役で星野真里、すみれの孫・藍役ですみれの少女時代を演じた渡邉このみが再登場することも明らかになった。