『バイプレイヤーズ』と『おそ松さん』キャラかぶっている? コラボポスター登場

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ』の6人になりきった『おそ松さん』の6つ子たち(C)「バイプレイヤーズ」製作委員会 (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 テレビ東京ほかで放送中の深夜ドラマ『バイプレイヤーズ』(毎週金曜 深0:12)と、2015年10月から半年間同局ほかで放送されたアニメ『おそ松さん』のコラボレーションが実現した。

バイプレイヤーズが居間でくつろぐ様子

 『バイプレイヤーズ』は、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研(50音順)の日本を代表する名脇役(バイプレイヤーズ)6人が一つ屋根の下で共同生活を送ることになり、虚実入り混じったストーリーを展開している。

 大人になってもニートで実家暮らしの松野家6兄弟が同ドラマを観て、「6人の成人男性が、ひとつ屋根の下暮らし」という共通点を発見。「このドラマ、俺たち出た方がいいんじゃね?」、「ちょうど6人だし、キャラも被ってるし!」と、勝手にバイプレイヤーズになりきってポスターを制作し、番組プロデューサーに売り込んだ、という流れ。プロデューサーも心を動かされ、コラボビジュアルが公開される運びとなった。

 すでに俳優気取り(?)な6つ子たちからコメントも到着。

 おそ松「頼りになるみんなのリーダー。となれば、兄弟をまとめる俺こそ、大杉漣さんでしょ。」
 カラ松「最高にイカした寺島進さんを目指せるのは、このカラ松だけだろう?んん??」
 チョロ松「真面目でまともで優秀。僭越ながら、松重豊さんのポジションは、僕が適任かと!」
 一松「......。遠藤憲一さん...怒ってないかな。。」
 十四松「え?! 田口トモロヲさんも、野球やる? 野球マン?!」
 トド松「だって、どう見てもいちばんかわいいよね、光石研さん。僕しかいないでしょ」

 『バイプレイヤーズ』の濱谷晃一プロデューサー(テレビ東京)は、「いまのところバイプレイヤーズ×おそ松さんのアニメ化の予定はもちろんありませんが、6つ子からさらなる申し出があれば...(笑)」と思わせぶりなことを言っている。

 コラボポスターは、3月7日~12日の期間限定で、JR各駅(東京・新宿・池袋・渋谷・新橋・秋葉原・大宮)、東京メトロ丸ノ内線池袋駅、テレビ東京グッズ取扱店(東京駅構内「テレ東本舗。」/六本木グランドタワー内「ナナナリア」/東京スカイツリー内店舗「TreeVillage」)3店舗に掲出される。