A.B.C-Z河合が泣いた! 「管理者養成学校」で最も過酷なロケ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
A.B.C-Zがガチで入門した管理者養成学校の訓練風景(C)テレビ東京

 ジャニーズのアイドルグループ・A.B.C-Zの単独冠番組、テレビ東京の『ABChanZoo(えびちゃんズー)』(毎週土曜 深1:15)。「4時間ピンクレディーのUFOを踊り続ける」、「メンバーに催眠術をかける」など、予測不能な企画に挑戦してきたメンバーだが、このほど「これまでやってきたロケよりも過酷だった」とコメントしたロケが行われた。その内容とは?

■A.B.C-Zのテレビ出演歴

 結成5周年を迎えたメンバーたち。初心に帰りチームワークを強化するべく、A.B.C-Zのメンバーがサラリーマンのための屈指のスパルタ学校である「管理者養成学校」に入門。5人の連帯感を再確認するため、中間管理職の会社員を対象に通常およそ10日間のカリキュラムによって行われる訓練の特別編を受けた。

 前日夜まで海外で写真集の撮影をしていたA.B.C-Z。校内での衣装・白装束に着替えたメンバーたちに待ち受けていたのは、壮絶すぎる訓練。声が小さいとやりなおし! 連帯責任の発生練習やスピーチ練習…。メンバーはあまりの落差に絶句する。そして、5人のうちメンバーの1人が脱落? 河合郁人は芸能界入りしてから人前で初めて泣いた! 五関晃一はいい声と褒められる1面も…。

 松澤潤プロデューサー(テレビ東京 制作局)は「どんな状況でも常に一生懸命に頑張ってきた5人。しかし、今回の地獄の特訓は最も過酷なモノでした。“5人の絆で乗り越える”をテーマに体験してもらいましたが見たことがない真剣な表情、そしてメンバー同士の本音のぶつかり合いそしてお互いを思う強い気持ち…。全てがガチのドキュメントです。これまで見たことがなかったA.B.C-Zがそこにいました。果たして5人そろってこの困難を乗り越えることができるのか?

 このロケの模様は、あす4日(深1:15~)と11日(深1:40)の2週連続放送。