キスマイ藤ヶ谷、観月ありさの相棒で“究極のドM男”「愛されキャラを目指します!」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
フジテレビ系連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』に出演する(左から)高嶋政宏、観月ありさ、上川隆也、新川結愛

 人気グループ・Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が4月23日から放送されるフジテレビ系連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(毎週日曜 後9:00)に出演することが3日、わかった。女優・観月ありさが26年連続通算30回目の連ドラ主演を務める同ドラマで藤ヶ谷は、骨好きの“変人”九条櫻子(観月)のバディとなる博物館職員の館脇正太郎(たてわき・しょうたろう)に起用された。

【写真】26年連続30回目の連ドラ主演をする観月ありさ

 小説投稿サイト『エブリスタ』で掲載された同名WEB小説を原作に名家のお嬢様でありながら、職業は骨格標本を組み立てる標本士である櫻子が大学時代に、教授で監察医でもあった叔父のもとで法医学を学んだ知識と、類まれな頭脳と洞察力を生かして、難事件を次々に解決に導いていくミステリー作品。

 優しく真面目な正太郎だが、実はものすごい怖がりでひょんなことから新たな仕事を命じられ、櫻子と出会うものの自分とはまるで違う価値観を持ち、時に常識も通用しない“変人・櫻子”に驚かされてばかり…。自身の役どころに藤ヶ谷は「“究極のドM男”といったところでしょうか。正義感が強くて、不器用が故に思っていることが表情に出てしまう青年です。ビビりな一面はありますが、困っている人がいれば助けようとする“常識人”という印象です」と紹介。

 そして「思ったことはしっかり伝えられるタイプの人間だと思いますし、自分自身も日頃の生活の中で思ったことをしっかり言うように心がけているので、自分と似ている部分もあり、よく理解できます。日曜夜9時の“愛されキャラ”を目指します!」と意気込んでいる。

 また、その正太郎の同僚で、正太郎との恋も予感させる志倉愛理(しくら・あいり)に新川優愛、事件現場で遭遇する櫻子に興味を惹かれる刑事・山路輝彦(やまじ・てるひこ)に高嶋政宏、そして正太郎と愛理の先輩学芸員で櫻子と正太郎の関係をサポートする磯崎齋(いそざき・いつき)を上川隆也が演じる。個性的なキャラクター同士が起す化学変化にも注目だ。