【日本アカデミー賞】『君の名は。』音楽賞&アニメ史上初の脚本賞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
(左から)『君の名は。』の新海誠監督、音楽を担当した野田洋次郎 (C)ORICON NewS inc.

 『第40回日本アカデミー賞』の授賞式が3日、都内で開催され、大ヒットしたアニメーション映画『君の名は。』は最優秀音楽賞、最優秀脚本賞を受賞。アニメーション作品が最優秀脚本賞を受賞するのは今回が初となり、新海誠監督は「最もいただけると思っていなかった賞でした」と驚いた。

【集合ショット】『第40回日本アカデミー賞』の授賞式の模様

 音楽を担当したRADWIMPSの野田洋次郎は「手が震えているんですけれど、何を話していいか」と緊張しながら、「小さなところから始まった作品で、新海監督っていう“すごくなく見えるすごい人”がどこまでも情熱を走らせて、まだこの世にないものを作るんだっていう情熱で動き出した映画でした」と振り返った。

 製作していた1年半はいろんなことがあったといい、「監督は僕らを信頼してくれた。『ここの歌詞を聴かせたいからこのシーンを伸ばします』とか、今まで映画の世界で行われなかったことを平気でして、観客に伝わるっていうのを最後までやりきった成果だと思います。新海さんと仕事ができて、僕ら3人幸せに思います」と感謝を伝えた。

 次に最優秀脚本賞の発表が行われ、新海監督は「洋次郎さんから“すごく見えない監督”と言われて、(製作中は)あれだけの言い合いをしたのに、親しみを込めて言ってくれたのがうれしかった」と笑顔。

 観客からは、美しい映像や音楽について言われることが多かったようで、「脚本について言及していただくのは少ない映画でした。しかし、映画の根本は脚本にあると信じているので、そこを観ていただけたのを何よりもうれしく思います」と話した。

 優秀アニメーション作品賞は『君の名は。』のほか、『映画「聲の形」』、『この世界の片隅に』、『ルドルフとイッパイアッテナ』、『ONE PIECE FILM GOLD』が受賞。最優秀は、のんの声優も話題を呼んだ『この世界の片隅に』が受賞し、片渕須直監督は「6年以上かかって作った映画なのですが、諦めないでよかったです」と喜んだ。