BSプレミアム『The Covers』放送100回記念 ゲストはエレカシ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
BSプレミアム『The Covers』放送100回記念、3月6日放送。ゲストは、デビュー30周年のエレファントカシマシ(C)NHK

 NHK・BSプレミアムで放送中の音楽番組『The Covers』(毎週月曜 後11:15~11:44)が6日に放送100回を迎える。ゲストのアーティストが、影響を受けた曲や思い出深い一曲を新たなアレンジでカバーする番組。100回目のゲストは、今年デビュー30周年を迎えるロックバンド・エレファントカシマシ。昨年の公開収録『The Covers Fes』も含めて、番組には3回目の登場となるが、今回も楽曲披露だけでなく、宮本浩次ワールド全開の爆笑トークで番組を盛り上げる。

【演奏中の写真】魂込めて歌い上げる宮本浩次

 番組は2014年3月31日にスタート。MCはリリー・フランキーと女優の夏菜のコンビではじまり、16年4月4日放送回からリリーの相棒が仲里依紗にバトンタッチされた。

 今回、エレカシがカバー曲に選んだのは、松田聖子の「赤いスイートピー」(1982年)とちあきなおみの「喝采」(72年)。「赤いスイートピー」は、作詞を松本隆、作曲を松任谷由実(呉田軽穂名義)が手がけたヒット曲。当時、中学生だった宮本は、エレカシを結成したばかりであり、聖子の大ファンでもあったという。青春時代の思い出の1曲について、宮本ならではの視点で歌詞の魅力を熱弁。カバーするのは今回が初めてだが、リスペクトを込めて、原曲と同じキーでの歌唱に挑戦する。

 エレカシならではのバンドアレンジと、宮本の愛と魂のこもったパフォーマンスを見たリリーは、宮本の歌唱に対し「この曲への最大のリスペクトを感じた。性別とか生物を越えた妖精感がある」と大絶賛していた。

 「喝采」は、宮本が小学生の頃に聴いていたという。印象的なフレーズが多く、歌ってみると歌詞を全て覚えていたという思い出の曲だ。カバーするにあたり、「非常に高度な技術を要する曲」と語っていた宮本は、精魂込めて歌い上げた後「この曲のすごみを改めて身に染みて感じた」と話していた。

 さらに、エレカシの代表曲「悲しみの果て」(96年)、「俺たちの明日」(2007年)も熱唱。「悲しみの果て」は、多くのアーティストにカバーされる時代に刻まれる名曲。「俺たちの明日」は10年前に発表され、多くの人を励ますエレカシならではの応援ソングとして熱い支持を受ける曲だ。

 トークには、メンバー4人そろって登場。デビュー30周年を迎える彼らの、出会いから“いま”と“これから”に、番組ならではの視点で迫る。中学高校の同級生で結成されたエレカシの結成当時や、プライベートでのエピソード、ギターの石森敏行の愛くるしいキャラクターも明らかに。

 宮本は視聴者に向けて「『赤いスイートピー』にしろ『喝采』にしろ、僕らにとってすごく思い出の曲。曲自体にも歴史みたいな重さがあって、非常に僭越(せんえつ)ながら今回カバーをさせていただいた。リリーさんの含蓄のあるお話も含めて、自分たちにとって本当に密度の濃い時間だった。音楽を改めて、しっかり自分たちなりに勉強して歌っていけるようにとも、改めて思っちゃうくらいの充実した時間になりました。少しでも楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送っていた。