藤原竜也が挑む新たな"クズ"役 『22年目の告白』予告編が解禁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
藤原竜也と伊藤英明がW主演する映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』 (C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

 俳優の藤原竜也、伊藤英明がW主演する映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(6月10日公開)の予告編が8日、解禁された。

『22年目の告白―私が殺人犯です―』予告映像

 1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人事件。未解決のまま事件は時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した曾根崎雅人(藤原)が、本の出版記者会見を行うシーンから物語は始まる。犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は、日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく。

 牧村と再会した曾根崎は「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ」と悪びれる様子もなく言い放つ。『藁の楯』など、これまでも"クズ"を演じてきた藤原は、今回の役柄について「すごく難しい役でしたが、(仕上がりが)とても楽しみです。衣装チーム、ヘアメイクチーム含め、話題性、カリスマ性のある一人のキャラクターを作り上げてもらって、監督、まわりのスタッフが新たな役を作ってくれました。今まであるようでない役柄です」と手応えをにじませた。

 主題歌は、インディーズながら日本テレビ系連続ドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌に抜てきされ注目を集めた「感覚ピエロ」に決定。新曲「疑問疑答」を書き下ろし、ボーカルの横山直弘は「強烈に、泥臭く、それでいて繊細。そんな人間の奥底に潜む心の生々しさとエグさを、楽器とメロディーと歌詞で表現しました」とコメントを寄せた。