村上春樹『騎士団長殺し』2週連続1位・2位独占

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
村上春樹著『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編』(新潮社)

 村上春樹氏の新作書き下ろし長編小説『騎士団長殺し』(新潮社 2月24日発売)の『―第1部 顕れるイデア編―』『―第2部 遷ろうメタファー編―』が、それぞれ週間8.1万部と6.2万部を売り上げ、3/13付オリコン週間"本"ランキングの総合部門にあたるBOOK部門で、先週3/6付に引き続き、2週連続で上位TOP2を独占した。

■村上春樹氏のプロフィール

 村上氏は過去に『1Q84 BOOK1』(2009年5月発売:最高1位)と『~ BOOK2』(同:最高2位)で、2008年発表開始の当ランキング史上最多となる5週連続(2009/6/8付~7/6付)のBOOK部門1位・2位独占を達成。今作2作の合計売上部数は、登場2週目にして62.0万部( 620,026部) 、『~ BOOK1』と『~BOOK2』の同じく登場2週目時点での合計売上44.4万部を大きく上回るハイペースで売上を積み重ねており、自身が打ち立てた同・連続達成記録の更新への期待が高まる。