高畑充希、昭和歌謡の名曲をカバー 向井理祖母の半生記『いつまた、君と』主題歌

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『いつまた、君と ~何日君再来~』の主題歌を歌う高畑充希

 女優の高畑充希が、俳優・向井理の祖母の半生記を映画化した『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』(6月24日公開)の主題歌を担当することが明らかになった。昭和歌謡の名曲「何日君再来」を現代版にアレンジし、NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で共演した向井の企画・出演作に、温かく澄んだ歌声で華を添える。

【動画】『いつまた、君と ~何日君再来~』予告映像

 原作は、向井の祖母・芦村朋子さんの半生記をつづった手記。向井が大学生のときにパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿をむかえた祖母へお祝いとしてプレゼントした。向井自身が7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった。

 衣食住もままならない戦後の混乱期、夫・吾郎(向井の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる、壮大な愛の実話。現代の朋子が書きつづった手記を孫の理が1冊の本にまとめていく過程で、過去を振り返っていく回想形式によって語られる。

 主題歌「何日君再来」は、1937年に上海で製作された映画『三星伴月』の挿入歌としてヒット。日本での曲名は「いつの日君帰る」で、日本語バージョンではテレサ・テン、渡辺はま子、ジュディ・オング、都はるみらが歌ってきた。同作では、朋子と吾郎の初デートの際に流れていた曲として登場し、2人の運命を結ぶ“愛の歌”となる。

 初めて同曲を聴いたという高畑は「歌詞は苦しかったり、悲しかったり、喪失感を感じるのに、メロディー自体はとても明るく、だからこそすごく切なく感じました」とコメント。企画にも携わった向井を「純粋にすごいなぁと感じました。私のイメージの向井さんは、すごく熱くて真面目な方です。そんな熱いチャレンジに関われることをとても幸せに思います」と話している。

 向井は「決して簡単な曲ではない『何日君再来』を、ここまで豊かに、そして作品や登場人物を包み込むように歌唱できるのは高畑さんくらいだろう、と試写室の真ん中で思い知らされました」と感嘆している。

 主役の朋子は尾野真千子が演じるほか、新たなキャストとして81歳となる現代の朋子役で野際陽子、朋子の娘の真美役を岸本加世子、朋子の父・忠役でイッセー尾形が出演。朋子の孫・理役は、現役大学生で同作が本格的な俳優デビューとなる新人・成田偉心、吾郎の先輩で朋子と吾郎の恩人となる高杉幹夫を駿河太郎が演じる。