ディズニー版『マッドマックス』!? 海賊と戦うヒロイン・モアナ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ディズニー・アニメーション『モアナと伝説の海』(3月10日公開)に登場する冷酷なココナッツの海賊カカモラがヒロイン・モアナに襲いかかる(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

 あす10日より全国公開されるディズニー・アニメーション『モアナと伝説の海』より、先に公開された米国で「ディズニー版『マッドマックス』のようだ」と評判になった、主人公モアナと海賊たちの壮絶な(?)バトルシーンが公開された。

【動画】『モアナと伝説の海』ココナッツ海賊、カカモラ登場!

 『アナと雪の女王』『ベイマックス』『ズートピア』と、新作が出るたびに傑作が生まれるディズニー・アニメーションの最新作は、『リトル・マーメイド』(1989年)、『アラジン』(92年)のジョン・マスカー&ロン・クレメンツの監督コンビによる冒険ストーリー。ポリネシアの人々の考え方、島々で語り継がれる伝説からインスピレーションを受け、壮大に広がる美しい南の海を舞台に描く。海を愛し、海に選ばれた16歳の少女モアナは、愛する人々と世界を闇から守るため、大海原へ旅立つ。

 解禁された本編映像はモアナの冒険の行く手を邪魔する、ココナッツの海賊カカモラとの戦闘シーン。カカモラは小さくて一見するとキュートだが、欲しいものを手に入れるためならどんな手でも使う冷酷な海賊。そんなカカモラの武器は“毒矢”で、モアナに向かって容赦なく毒矢を吹いて襲ってくる。さらにカカモラの背後には巨大な海賊船が控えていて、太鼓をたたきながら近づいてくる。

 実は、監督の2人が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を手掛けたジョージ・ミラー監督の大ファンで、「ジョージ・ミラー監督は最高だね。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』からインスピレーションを受けたシーンが、海賊カカモラと戦うシーンなんだ。カカモラと戦うシーンは大きなスケールで描きたいと思ったんだ」(ジョン監督)と、ミラー監督へのリスペクトを語った。

 本作のカカモラが海賊船に乗って登場するシーンは、『マッドマックス』の砂漠の砂けむり中から車がたくさん押し寄せてくるシーンと似ているし、海賊船から逃げるモアナとデミゴッド(半神半人)のマウイの姿も、『マッドマックス』のシーンをほうふつさせる。

 この映像のモアナは、初めて出会うキュートで恐ろしい海賊に「海よ、何とかして! ねぇ助けて」と思わずたじろぐが、やがてマウイとともに勇敢にカカモラに挑んでいく。強く戦うモアナの姿は、いままでのディズニー・ヒロインとは違う魅力を感じられて、あすからの公開に向けて期待が高まっていく。