多部未華子『アンパンマン』で劇場版アニメ声優初挑戦「今から楽しみ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』でライオンの男の子・ブルブルの声優を務める多部未華子 (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2017

 女優の多部未華子(28)が、映画シリーズ第29作目『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』(7月1日公開)で劇場版アニメ声優に初挑戦することが9日、わかった。今回の主人公となる、宝探しの一族に生まれたライオンの男の子・ブルブルを演じる。

【写真】ゲスト声優を務めるキャイ~ン

 同作は、全国のアンパンマンこどもミュージアムのミュージカルショーでもおなじみの楽曲「太陽がキラキラ」をテーマに、宝探しの一族に生まれたライオンの男の子"ブルブル"の冒険物語。

 強がっていても本当はこわがりで、いつもあと一歩が踏み出せないでいるブルブルを演じる多部は「まさか自分が小さい頃に見ていたアンパンマンに参加できるなんて思っていなかったので、とてもうれしかったです」と歓喜。当初は女の子役だと思っていたようで、「ブルブルがライオンの男の子だと聞いてびっくりしました。でも、とてもかわいいライオンの男の子だったので、今から楽しみにしています」と話している。

 男性ゲストには、お笑いコンビ・キャイ~ンの2人が決定。宝探しの名人で見事なたてがみを持つブルブルのお父さんを天野ひろゆき(46)、神殿の門番"いいかげんに城"をウド鈴木(47)が演じ、それぞれ「主人公ブルブルのお父さん役なので、今自分の息子のことを"ブルブル"と呼んでいます」(天野)、「いつも天野くんに『いいかげんにしろ!!』とつっこんでもらっているので、その経験を生かしていい意味でいい加減にしたいと思ってます!」(ウド鈴木)とコメントを寄せた。

 映画の冒頭では、子どもたちに大好評の、スクリーンのアンパンマンたちと一緒に歌って手拍子で楽しめるパートも登場。夏祭りを舞台に「アンパンマン音頭~よさこいソーランバージョン~」やおなじみの「アンパンマンのマーチ」「いくぞ!ばいきんまん」など、人気ソングが満載となっている。