桐山漣、ほぼ“しゃべらない”主人公役「目で表現したい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ほぼ“しゃべらない”主人公を演じる桐山漣 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の桐山漣(32)が10日、都内で行われたテレビ東京系連続ドラマ『コードネームミラージュ』(4月7日スタート、毎週金曜 深1:23)製作発表記者会見に出席。同作で任務遂行において一切の感情を表さない警察内特殊部隊のトップエージェントを演じる桐山は、劇中ではほぼしゃべらないことを紹介し、「目で表現できるよう厚みを出していきたい」と意気込んだ。

【写真】要潤、佐野ひなこらも出席した会見の模様

 同ドラマは、「サクラ大戦」シリーズ、「魔神英雄伝ワタル」シリーズなどを手掛けたマルチクリエイター・広井王子氏(63)の原案による完全オリジナル作品。凶悪犯罪や政治的・社会的に表立って解決することのできない犯罪を秘密裏に処理する警察庁内に組織された部隊「K-13」の活躍を描く。

 広井氏が「銃を撃つ主人公はしゃべらないほうがいい」と語った通り、主人公・森山真一/ミラージュ役の桐山は「1話の本読みをしたときにせりふが二言だけで、そのうちの一つは『了解』だけでした」と告白。

 一方、警察庁公安特殊課課長/K13の御崎蔵人役の要潤(36)は「その分僕がひたすらしゃべっている」と苦労を吐露し、天才ハッカー役の佐野ひなこ(22)は、役作りのため「ハッカーの講習会に参加させてもらって、コンテストで優勝した方から指導を受けています」とコメント。

 K-13と対立する不動産王役の武田真治(44)は「このドラマは、主人公たちがどんな訓練を受けて誰と立ち向かうか説明のないまま突然始まります。先が見えない話を突き進んでいくという意味では、僕の出世作である『NIGHT HEAD』に取り組んでいるような感覚」と話していた。