広瀬すず主演映画、3・11公開に出演者心境 福島出身の富田望生「頑張った皆さんと一緒に…」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『チア☆ダン』の初日舞台あいさつに出席した富田望生 (C)ORICON NewS inc.

 女優の広瀬すず、富田望生らが11日、都内で行われた映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の初日舞台あいさつに出席。福島県いわき市出身の富田は、6年前の同日に発生した東日本大震災に触れ、出演作が封切りされた心境を語った。

【写真】広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、福原遥らも出席

 大勢の観客から温かい拍手で迎えられた富田は「公開が3月11日決まりましたと言われてから、どんな気持ちで(当日を)迎えるのだろうとソワソワしていました」と告白。それでも前を向くと「今朝、バンっと言葉にできる感情は見つからなかったけど、こうやって一緒に頑張った皆さんと一緒に『初日を迎えました』とごあいさつできることが本当に幸せです」とほほ笑んだ。

 作風になぞらえて応援したいことを問われると「復興に向かう皆さんをずっと応援していますし、私もそれに向かって何かできたらいいなとずっと思っている。すごくすてきな作品をお届けすることがてきたのも一つの何かの縁だと思うので、たくさんの方に観ていただきたいと改めて思いました」と話した。

 同作は、2009年に福井県の高校チアリーダー部が全米チアダンス選手権大会で優勝した実話をベースにした青春映画。軽い気持ちでチアダンス部に入部した女子高生が、厳しい顧問や個性豊かなチームメイトたちと全米大会制覇を目指す。

 「同世代の方を応援したい」と話した主演の広瀬は「今まで以上に考えていかなきゃいけないことが増えていきますが、諦めずに努力をすることを忘れずに一緒に頑張っていけたらいいなと思います」と呼びかけていた。

 舞台あいさつにはそのほか、中条あやみ、山崎紘菜、福原遥、真剣佑、天海祐希、河合勇人監督が出席し、MCは共演したお笑いコンビ・TKOの木下隆行、TBSの皆川玲奈アナが務めた。