『男水!』メインキャスト9人が集結 松田凌、ドラマの反響に感謝「素直にうれしい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『男水!』の最終回直前イベントに登場した(左から)神永圭佑、佐藤永典、赤澤燈、宮崎秋人、松田凌、廣瀬智紀、安西慎太郎、小澤廉、池岡亮介 (C)ORICON NewS inc.

 日本テレビほかで放送中のドラマ『男水!』の最終回直前イベントが11日、東京・よみうりランドで行われ、メインキャスト9人(松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、池岡亮介、神永圭佑、廣瀬智紀)が集結。映像を観ながらの振り返りトークやキャラクターソングのミニライブなどを行った。

【写真】イベントには小澤廉、神永圭佑、池岡亮介らも登場

 同ドラマは、白泉社のWEB少女コミックマガジン『花LaLa online』で連載されている木内たつや氏の同名漫画を、2.5次元舞台で活躍中の俳優陣をそろえて実写ドラマ化。廃部寸前の都立高校「東ヶ丘高校」水泳部で、競泳にすべてを懸ける男子高校生たちが、元競泳選手のコーチとの出会いで大きな一歩を踏み出す様子を描く。

 松田は、同作に寄せられている反響の大きさを喜びながら「自分たちがやってきたことが間違っていなかったんだと感じることができて、素直にうれしい。このプロジェクトは終わっていないので、より高みを目指していきたいと思います」と意気込み。宮崎も、5月に上演される舞台に向けて「水泳を舞台でどう表現するのか、僕らもまだわかりませんが、何をしてでも体現してみせたいと思います」と言葉に力を込めていた。

 最終回となる第8話は、きょう11日の深夜0時55分より放送される。