寺田心、大人顔負けコメントで沸かせる「一つひとつのお仕事を大事に頑張ります」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大人顔負けコメントで会場を沸かせた寺田心 (C)ORICON NewS inc.

 子役の寺田心(8)が13日、東京・ユニセフハウスで行われた映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(4月7日公開)の来日イベントに出席。これまでも、落ち着いた対応や大人顔負けの発言で驚かせてきたが、この日も同作をアピールするコメントで大人たちを感心させた。

【写真】服装も大人っぽい!花束を手渡した寺田心

 同作は、幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年がGoogle Earthを頼りに自分の家を捜す姿を追うドラマ。イベントには、映画のモデルとなり、現在は実家の家業を手伝うかたわら、海外で養子縁組についての公演を行うサルー・ブライアリー氏(35)が出席した。

 幼い主人公を演じた海外の天才子役サニー・パワールにちなみ、花束を渡しに登場した寺田。パワールのようにハリウッド進出について聞かれると「同じ事務所の(芦田)愛菜お姉ちゃんが出ていましたよね。でも、僕はまだもっともっと勉強しないと難しいかなと思います。一つひとつのお仕事を大事に頑張ります」と、かわいくガッツポーズ。

 最後には、観客へ向けてメッセージを求められると「世界に悲しい、つらい思いをしているお友達がいることは今までなんとなくしか知りませんでした。でも、この映画を観たことによって、もっと世界のお友達のことを知りたいと思いました。僕に今できることはなんだろうって思ったときに、知ることが大事だと思いました。たくさんの人に映画を観て知ってほしいです」と訴え、拍手が沸き起こった。