プロジェクションマッピングと漫才がコラボ 笑い飯・哲夫「スタイリッシュ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出囃子でプロジェクションマッピングが使用されたお笑いライブ『TOKYO FANTASTIC MANZAI』の模様 (C)ORICON NewS inc.

 プロジェクションマッピングを用いたお笑いライブ『TOKYO FANTASTIC MANZAI』が13日、都内で開かれ、笑い飯、トータルテンボス、レイザーラモン、千鳥らが画期的な漫才を披露した。

【写真】笑い飯、千鳥らが出演

 「TOKYO――」では出囃子が流れる際に、それぞれの芸人に合った映像がプロジェクションマッピングで表示された。この演出はサプライズで行われ、映像が流された瞬間に観客からは歓声が上がっていた。

 これまでにない出囃子は芸人にも好評だった。笑い飯の哲夫が「スタイリッシュな映像にしていただきました」と話せば、ミキの昴生は「ディズニーランドみたい」と驚きの表情。千鳥のノブは「プロジェクションマッピングしながら出囃子でしょ? クセが強い」と自身の持ちギャグに絡ませながら、話題にしていた。

 このイベントを主催したよしもとクリエイティブ・エージェンシーでは今後、プロジェクションマッピングに限らず、最新の演出技術と漫才をコラボさせ、漫才の新しい境地を広げていくことを計画中だという。