佐々木希、『バイプレイヤーズ』ゲスト出演「とてもわくわくしました」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第11話にゲスト出演する佐々木希

 テレビ東京系で放送中のドラマ24『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12)の最終回直前、第11話に、モデルで女優の佐々木希がゲスト出演することが新たに発表された。佐々木は、本人役で映画業界最高峰の式典のプレゼンターを演じる。物語において重要なシーンに登場するのだが、そこで衝撃の展開が起きるという。

夏川結衣ほか終盤のゲスト

 佐々木は「いつも楽しく拝見しているので、出演が決まったときはすごくうれしかったです。ご活躍されている方々に一度にお会いできることも、とてもわくわくしました。これまで共演させていただいた方も、初めての方もいらしたのですが、皆さま優しく接してくださいましたし、一度ご一緒させていただいたことのある松居大悟監督の演出でしたので、とても楽しい撮影でした」と振り返っている。佐々木は松居監督の商業映画デビューとなる『アフロ田中』(2012年)に出演している。

 俳優の遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研(50音順)の日本を代表する名脇役(バイプレイヤーズ)6人が一つ屋根の下で共同生活を送ることになり、虚実入り混じったストーリーを展開している本作。

 次回17日放送の第10話は、通常より20分遅れの深夜0時32分スタートになる。盗まれたはずの映画『バイプレイヤーズ』のフィルムが夏川結衣の家で見つかった。驚く6人だが光石だけは沈黙する。10年前、映画の中で夏川と恋人役を演じて本気になり、ラブシーンをドタキャン、怒った夏川は降板し撮影も中止になった過去があるからだ。そんな光石にジャスミンは夏川に謝るためバラエティー番組出演の仕事を持ってくる。嫌がる光石だが応援団として遠藤と松重の出演が決まり...。果たして光石の想いは夏川に届くのか? フィルムの行方は?