ドリフ12年ぶりコントの意義 レジェンド共演でコント番組の"春"来る?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
4人で12年ぶりのコントに挑戦したザ・ドリフターズ(左から)高木ブー、仲本工事、加藤茶、志村けん (C)ORICON NewS inc.

 ザ・ドリフターズの志村けん(67)、高木ブー(83)、仲本工事(75)、加藤茶(74)が、フジテレビ系特番『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』(15日放送 後7:00~8:54)で、12年ぶりに4人そろってのテレビ共演を果たす。同番組内ではコントにも挑戦しており、レジェンド4人による掛け合いが注目されるが、今回の共演は冬の時代と言われて久しい「コント番組」復権の起爆剤としても期待がかかる。

【写真】平均年齢は74歳!12年ぶりにパワフルさをみせたドリフ

■ドリフとの対面に浜田雅功が感激した日 コント番組はなぜ冬の時代に?

 2003年12月8日、都内のスタジオで『ドリフの大爆笑』(フジテレビ)のオープニング部分の撮り直しが20年ぶりに行われた。翌年3月に亡くなった、いかりや長介さん(享年72)生涯最後の仕事となったこの日、ドリフのメンバー5人が久しぶりに全員集合。その様子を一目見ようと、隣のスタジオから駆けつけたのがダウンタウンの浜田雅功(53)だった。休けい中、5人のもとに歩み寄ると「ドリフじゃないですか! いやいやいや、5人そろっているじゃないですか」と目を輝かせながらあいさつした。

 その後は「いかりやさん、僕紅白でしかお会いしたことなかったですよ」など、ひとしきりドリフメンバーたちとの会話を楽しむと「ホンマ貴重でしょ。すいません、お邪魔しました...」と恐縮しながら、足早にその場をあとにした。2010年放送の特番『あの有名番組で流れたTBSのニュース速報今夜すべて大公開SP』(TBS)で、当時の様子が約1分間放送されたが、たったそれだけでもザ・ドリフターズというグループがいかに偉大であるかを十二分に感じることができた。

 そんなドリフの4人が、今回12年ぶりにコントを披露する。平均年齢は74.75歳、往年の動きを再現することは難しい上に、コント番組を取り巻く状況も大きく変化している。『爆笑レッドカーペット』や『ENGEIグランドスラム』などの人気バラエティー番組を手がけている、フジテレビの藪木健太郎氏は「コントは、お金と時間がかかる。4~5分のコントを作るのに、2~3時間くらいかかるんです。それを60分(番組で)正味48分作ろうとすると、最低でも週2回はコントを撮って、セットを何個も用意しないといけない。だから、今のソフトとしては作りづらくなっています」とかつての取材で語っている。

■平均年齢は74.75歳! ドリフ4人の挑戦がコント番組の春を呼ぶ

 テレビ東京の土曜深夜の人気バラエティー『ゴッドタン』(毎週土曜 深1:45~)の演出を手がける、同局の佐久間宣行プロデューサーもコント番組の作りにくさを共有しているテレビマンのひとり。「昔のようなコント番組を立ち上げるのを待っていたら、どんどん歳を取っていっちゃう」との理由から、時間のかからない一発撮りのシチュエーションコント『ウレロ』シリーズや、コントとドラマの境界線にあるような『SICKS~みんながみんな、何かの病気~』など、深夜枠から新感覚のコント番組を仕掛けている。

 純粋なコント番組が激減している中でのドリフ復活。今回の特番収録後の取材会で、加藤が「ドリフのコントは古典芸能と同じで、何回やっても面白い。長さんが亡くなってから、これを誰が継ぐのかと思っていたけど、志村がやってくれているから、ドリフターズは永遠だと思いますね」と絶賛すると、志村は自虐を交えながら現状を明かした。「昔はグラビアアイドルとかもコントをやっていましたけど、今はコントをやる人が少なくて、優香も結婚しちゃったし...ごめんなさい」。今回披露するコント「寝台車」には、ドリフの4人以外に丸高愛実、高嶋香帆も参加。レジェンド共演もさることながら、次の世代へのバトンタッチという意味でも、大きな意義を持っている。

 代表番組のひとつ『8時だョ!全員集合』(TBS)の放送開始が1969年であることを踏まえると、約半世紀にわたって、今なお愛され続けているドリフのコント。その要因について、仲本が「計算されていないようで、されているところじゃないですかね」と話すと、高木も「個人があってだと思う。アタシみたいな男でも、グループですから。グループだからコントができる」と笑いながらコメント。そんなメンバーの思いをまとめるかのように、志村がゆっくりと口を開いた。

 「当時観てくれていた世代の孫たちもそろって、3代でドリフのDVDを観てくれているみたいですね。やっぱり、こうなるってわかっていても笑っちゃうっていうベタをあえてやっている、それは技がないとできないことなので、そういうところなのかもしれないですね」。多くの世代が視聴できる夜7時から放送される、ドリフメンバー4人によるコント。今回の特番をきっかけに、これからは「ちょっとだけよ」と言わず、ゴールデンタイムでどんどん放送されることで、長きにわたり冬の時代だったコント番組に"春"が訪れることを期待したい。