倉木麻衣、総重量24キロの十二単姿「厳かな気持ち」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
総重量24キロの十二単姿を披露した倉木麻衣

 歌手の倉木麻衣(34)が、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌』(4月15日公開)の主題歌「渡月橋 ~君 想ふ~」(4月12日発売)のミュージックビデオ(MV)と最新ビジュアルを公開した。

【動画】雅な世界を表現「渡月橋 ~君 想ふ~」MV

 「から紅に染まる渡月橋」のフレーズから始まるサビが印象的な今作は、映画の世界観を色濃く反映し、京都や百人一首をイメージ。サウンド的にも和楽器を取り入れ、MVの衣装では総重量24キロにも及ぶ十二単に初挑戦した。

 倉木は「MVで着物を着たのは初めてでしたが、京都という雅なイメージとリンクするのではないかと思い、着物の中でも特別な十二単に思い切って挑戦させていただきました。いざ着てみると、思った以上にずっしり重くて」と驚きながらも「その美しさ、存在感、日本伝統の粋を集めたような佇まいにとても感動しました。着る私自身も厳かな気持ちになって、いつもとはまた違う世界観で演じられたような感じがしました」と撮影を振り返った。

 十二単専門店の株式会社弥栄の福呂一榮氏によると「今回お召いただきました十二単は、皇室の十二単と同じ仕立て方。他の十二単との違いを見てわかる最大の特徴は、衽(おくみ)にだけ真綿が入っているところです」と解説。倉木は「この日は未婚女性が着るという十二単を着せていただいていましたが、既婚女性が着る十二単も気になります(笑)。いつの日か、機会があったらトライしてみたいですね」と話していた。