くりぃむ有田がNHK初冠番組「英断ですね」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
くりぃむしちゅーの有田哲平 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が14日、自身初のNHK冠番組『有田Pおもてなす』(24日、午後10:00~)の収録に参加。冠番組を任せるというNHKの判断に有田は「英断ですね」と驚いていた。

【会見写真】自身初のNHK冠番組にニンマリ

 NHKには「5年くらい前に『ためしてガッテン』のパロディー番組みたいなのを1回だけやらせてもらった。来るのも、それ以来。新鮮で楽しめました」とひさびさの出演だが、いきなりの冠番組となり「うれしいですね」と素直に喜びを表現。ただ「冠って知らずに『おもてなす』という番組だと思って来ちゃった。今回はプロデューサー、裏方と思って契約した。名前を使われるとなると契約も変わってきますね」とニヤリとする場面もあった。

 同番組は有田がプロデューサーとなり、ゲストを笑いでもてなすライブを開催。有田が売れっ子芸人のネタを、ゲスト好みの内容にプロデュースし、最もゲストをもてなす事ができた芸人を選出するという番組となっている。

 最近の自身の“おもてなし”事情について、昨年12月に結婚した妻と相方・上田晋也宅を訪問した際の出来事を紹介。「一般の方と結婚して、うちの相方、事務所の人間も会ったことがなかった。1回、会わせろということになって休みの日に時間をとって、うちの相方の家にお邪魔した」そうで、上田の妻の手料理や子どものPPAPを堪能し「相当、もてなされました」と幸せそうに振り返っていた。

 また、きょうはホワイトデーということもあり有田に新妻へのもてなし方についての質問が飛んだが「あれ? 今日、ホワイトデーでしたっけ?」とすっかり忘れていたが、それでも「奥様にお返しをしようと前から考えておりました」とあわてて取り繕っていた。

 今回は女優・木村佳乃がお客様として登場し、芸人のサンドウィッチマン、シソンヌ、トレンディエンジェル、ロッチに、さまざまなムチャ振りをした。手応えを感じた有田はレギュラー番組化も照準に入れ「芸人の数、俳優さんと女優さんの数だけ無限にできる。たぶん200年ぐらい続けられる。フォーマットは完全にできあがったので、いつでもレギュラー化できる」と豪語。壮大な大風呂敷を広げ、報道陣を笑わせていた。